こんにちは、てらけんです。

 

リアルタイムの話で申し訳ないのですが、

先日、コロナウイルスに感染してしまい、

39度の熱が5日間連続、

嗅覚、味覚障害が発症(チョコの味すら分からない)、

さらに、肺炎を疑うほどの咳、

 

病院に無理を言って、

毎日点滴を打ちに行っていました。

 

コロナウイルス自体、

ここ数年で急激に流行りはじめたので

恐怖に感じていた人も多いかと思います。

 

実際、僕の友人のひとりは

重症化までしてしまい、

 

でも病院のキャパ問題などあり、

入院はおろか、救急車すら来てくれなかったようです。

 

今の時期でコロナに感染すると本当に死ぬ可能性が高い。

 

集団で出かけたりせず、

おうちで勉強したりビジネスに取り組んだりした方が絶対いいです。

 

正直僕も、「まさか自分が」感染するとは

全く思っていませんでした。

 

想像以上にしんどい。

 

今は熱も下がりましたが、

実際に経験してみて

「人間っていつ死んでもおかしくないんだな〜」と思い、

いま慌てて筆を走らせています。

 

・・・と、なぜこんな切り口で語り始めたかというと、

実はコロナに感染してぶっ倒れている間、

「140万円」ほどを売上げました。

 

ずっと寝たきりだったので、仕事はしてないです。

 

スマホで指示を出したり、たまにSNSを更新したり、

横になりながらメルマガをちょこっと書いたくらい。

 

それでも確かに、

自動的に140万円ほどが入ってきています。

 

※証拠画像の一部。

テレコムか、銀行振込か。

 

このまえは月収400万を超えたのですが、

今は企業からの成果報酬案件(僕は文章を書くだけ)も増えてきたため、

近いうちに月収500万、600万を裕に超えていくでしょう。

 

なんでこんなことが可能なのか?というと、

ひとえに「文章」を学んできたからなんです。

 

僕はこれまで、インターネット上であらゆる商品を売ってきました。

 

1万円の商品を一晩で100人以上に届けたこともあれば、

100万円の商品をたった5行の文章だけで

販売したこともあります。

 

ただ文字を書いてるだけなのに、

どんな商品であれ、バコバコと売れてしまうのです。

 

これは一般的に見たらあり得ない現象らしいです。

 

でもなぜ、そんな異次元なことが可能なのか?

 

体調不良で寝込んでる間にも10万、50万、100万という

大金が振り込まれるのか?

 

その秘密は、

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

 

を鍛えたことにあります。

 

動画の時代になったとしても核にあるのは文章、言葉です。

 

文章と徹底的に向き合い、磨き上げた結果、今に至ります。

 

ちなみに文章といっても小説家みたいな巧みな文章ではなく、

インターネット上で売るために特化した文章術を学び、

しかも自分の手で何百回に渡るテストを繰り返してきました。

 

結果、いまでは、

 

どうすれば10万円を超える商品が売れ続けるのか?

なぜ文章を書いてるだけで100万、200万という高額商品が売れるのか?

いままでの企画が100発100中で成功してる理由は何か?

どうすれば書いたものを自動化・資産化できるのか?

文章をベースに構築した仕組みを所有することで、

なぜお金・時間・場所・人に縛られない人生が手に入るのか?

 

といった一生モノの本質的なスキルを

明確に落とし込むことができました。

 

今回の手紙では、

僕が累計1000万以上、

100人以上に教えてきた

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」を学び、

 

〝文字だけ〟で商品を

ガンガン売れるようになりませんか?

 

というシンプルな提案をします。

 

この激動の時代を生き抜くために

必要な考え方、ノウハウを詰め込みましたので、

 

企画に参加する・しないに関わらず

ぜひ静かな部屋で集中して読んでみてください。

 

「文章」は「資産」になり

どんな時でも自分を支えてくれる

 

まだ想像できない人もいるとは思いますが、

過去に書いてきた文章は、お金以上の資産になります。

 

お金は使ってしまったら無くなりますが、

明確なロジックのもと書かれた文章は、

無限の「富」を生み出すからです。

 

・・・ちょっとイメージができるように、

僕の過去の話をしましょう。

 

例えば、愛知県の名古屋市、

とある歩道橋の上で、

あの日の僕は、人目を気にせず、

びょうびょうと泣いていました。

 

今思うと、泣いていたというより、

絶望していたに近い。

 

「どうしよう…僕、もう、何を信じて生きていけばいいのか分かんない。

仕事も一切手がつかない。しんどい、本当にしんどいよ」

 

と号泣しながら話す僕に対して、

 

元記者、現在は出版会社などやってる友人が、

 

「大丈夫、泣ける時に泣いておいた方がいいよ」

 

と優しく放ってくれた言葉をいまでも思い出します。

 

〝泣ける時に泣いておいた方がいいよ〟

 

あれから数年経ったいま、これは本当にその通りだったと思う。

 

あの時あの瞬間、人目を気にせず泣いて正解だったなと。

今はもう心の傷が癒えてしまって、泣きたくても泣くことができません。

 

あの期間、ひどい失恋や人生初の崩壊を経験し、

約半年間、PCを開くことすらできなかったのです。

 

でも、明確に覚えているのですが、

あの日、歩道橋を渡ってしばらくした後、

泣きながら道を歩き、

5分くらい経った時に、「5万円の商品が決済されました」

という通知メールが届きまして。

 

現実世界の自分は泣きじゃくってるだけの

弱々しい状態だったのに、

 

過去、僕がつくった文章のお陰で、

現実世界の状況は関係なしに

利益が生まれた瞬間。

 

その1〜2週間後、

愛知県名古屋市の「金山」という地区にある

スタバでぼーっとしてた時、

 

トイレに財布を置き忘れてしまって、

見事に盗まれる

という事件が起きました。

 

はぁ、神様って優しくないなぁって

ひとりで悲しみに浸っていたのを今でも覚えています。

 

この「あ、盗まれた」と思った瞬間、

5万円だか10万円の商品がまた売れたのです。

 

すごく複雑な気持ちでした…。

 

財布を盗まれた瞬間に、財布の中に入っていたお札以上の

金額を儲けてしまうという。

 

その後、心の傷を癒すために、

ベストセラー作家とハワイ島でイルカと泳いだり、

シンガポールでバンジージャンプをしたり、

幼馴染たちと台湾をフラフラしたり、

 

もうほんと、必死にいろいろなことをしてきました。

 

その間も、例えばイルカ500匹と遭遇し、

泳いでるときに

15万円の商品が売れたり、

 

バンジージャンプをしてるときに

3万円の商品が売れたり、

 

台湾で腐った卵を食べてしまって嘔吐を繰り返し、

夜間病院でよく分からない注射を打ち込まれてるときに

100万円の企業案件が決まったり、

 

現実世界の自分がどこで何をしていようと、

 

過去に書いてきた文章(資産)が

毎日のように富を運んできてくれました。

 

今はもう傷も癒えて、当時の思い出に対しても

人生の財産だなと思っています。

 

僕が『文章でつくった仕組み』は24時間・365日ぐるぐると回っているので、

 

この前は、宮古島に1か月ほど行ってきたのですが、

「17エンド」という世界トップレベルに美しい

海を眺めてる時にも

自動的に売上が発生したり、

 

意中の人と2日間デートしてる間に

累計35万ほど儲かっていたり、

 

そういう世界線が当たり前になってきました。

 

写真をはる

 

(こちら17エンドの写真です。宮古島に行く機会あったら是非。正直東洋一の前浜ビーチより綺麗です)

 

実際、営業マン時代の僕だったら、

こんな話、ぜんぜん信じれなかったと思います。

 

幽霊やUFOと一緒。

自分が認識してる世界とあまりにもかけ離れていると、信じることができない。

それは防衛本能でもあります。

 

でも今までも、これからも、僕はリアルしか言わない。

 

姿勢や人間性に関しては、これまでの発信からだいたい分かると思います。

 

絶対的な事実として、

過去に書いてきた「文章」は「資産」になり、

どんな時でも自分を支えてくれました。

 

三次元空間の僕が泣いていようと笑っていようと、

「文章」は一定の価値を提供し、

誰かの心を動かし、

そして千のお金と時間を運んできてくれます。

 

僕はそんな文章を、言葉を、ひたすら愛しています。

だから熱も入ってしまうと思う。

 

これからもっと具体的な話に入っていきますが、

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

 

そして、

 

「そんな文章がもたらしてくれる、まったく新しい世界」

 

に興味がない人は、早めにこの手紙を閉じることをおすすめします。

 

僕がそうであったように、

「これまでの人生」と「これからの人生」を

180度変えてしまうような、恐ろしいほどに強力なツールだからです。

 

まともに戦っても勝てない時代に

 

ここまで読んで、「私も文章を極めよう」「ビジネスで結果を出すためには文章を学べばいいんだ」「実際にクラウドワークスで執筆の仕事をはじめてみよう」

 

などと思った人も少なくないと思います。

 

しかし断言しておくと、もうそんなノリで

まともに戦っても勝てない時代になってきました。

 

というのも、いまのビジネスの世界には

どんどん若い人や、高学歴・エリートが参入してきています。

 

社会や国、勤め先の会社に頼れないと判断した人が多いのか、

一昔前と比べて、起業する人も増えてきました。

 

実際、インターネットさえあれば、

誰でも6畳1間の部屋から起業できる時代です。

 

それゆえに

起業に対するハードルが低いのです。

 

頭のいい人たちがそのハードルの低さに気づき、

どんどんビジネスネスを始め、ものの数か月で

成功を収めたりしています。

 

僕もビジネスを教えてる身でもあるため、

これまであらゆる人と接してきました。

 

その中には、学歴なし・職歴なし・社会不適合者の状態から

成功した人もいれば、

 

医者、一流弁護士、薬剤師、投資家、漫画家、現役東大生…

 

などのエリートも含まれていました。

 

すでにマーケティングに精通してる人もいれば、

国のトップ層と繋がっているような人脈オバケもいたし、

頭がいいだけでなく、命をかけてビジネスに取り組むといった、

マインドがぶっ飛んだ人もいました。

 

普通に考えて、まともに戦ったら勝つことはできません。

 

受験戦争や就活戦争のような激しい競争が

ビジネスの世界でも起こるようになってしまったのです。

 

じゃあもう成功できないのか?

大人しく働きアリになったほうがいのか?

ずっとギリギリの状態で生き続けていくしかないのか?

 

と感じてしまうかもしれませんが、

あえてシンプルな言い方をさせてもらうと、

 

大丈夫です。

 

正確にいうと、

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

 

を学んでしまえば大丈夫です。

 

僕自身、たいした学歴や文章力もなく、

エリートである弟との偏差値の差は「20」もありました。

 

いざ論文を書くとなると、弟の足元にも及ばないと思います。

 

でも、僕の方が売れる文章が書けるので、

収入の差は10倍以上あるのです。

 

〝人を動かす文章〟の裏側

 

これだけライバルが流れ込んでくる中で、

後発組かつ特に才能のなかった僕でも

大勢の人をごぼう抜きし、

いまでは安定して商品が売れ続ける仕組みを所有しています。

 

9割の人が1000円、5000円、1万円などの薄利多売ビジネスをやるなか、

10万、30万、50万、といった商品を次々と売っているのです。

 

しかも僕だけじゃなく、教え子や起業仲間も、

同じような仕組みを所有してる人たちの安定感は抜群です。

 

例えばこの前、国内最大級 物販スクールの

プロモーションを代行しました。

 

「実際に僕がやったことは有料部分で公開してます!→URL」

といったセコいことはせずに何をやったか公開すると、

 

・LINE@登録ページの文章

・Lステップ10通

 

を書いただけです。

 

つまり、「見込み客が集まり、商品を購入するまでの導線」を

ライティングしただけ。

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」には

明確なロジックとパターンがあるので、

 

テンプレ通りにカチカチッとはめることで

わずか1週間で完成しました。

 

デザインや広告運用やセールスやアフターフォローは

他の会社がやってくれます。

 

あくまで僕は文章のみ。

 

それでも、およそ2週間で50万円のスクールが売れて、

僕にも成果報酬が入ってきました。

 

直近で2件、クロージングをかけるらしく、

おそらく決まると思います。(50万円×2人)

 

※追記:こちら2件とも売れたみたいです

 

こんな状況でも僕はもっと上を目指してるし、

文章を軸に日本にもっとインパクトを与える事業を考えているので

そこまでサボったりはしていませんが、

 

教え子のひとりは

あまりにも安定してるせいで

ダラダラする癖がついてしまいました。

 

想像してほしいんですけど、

朝起きた段階で10万円の収益が自動的に発生してたり、

子供と公園で遊んでる間に20万円が勝手に儲かっていたら、

 

そりゃサボってしまうのも納得です。

 

お金って幸福に生きるための手段でしかないので、

別にそれ以上、売上を追いかける必要がないんでしょうね。

 

でも、僕が最前線を走り抜けてる姿を見て、

やる気を取り戻したらしく、

最近は新しい事業をつくり、そしてすぐに軌道に乗ったようです。

 

なぜそんなことが、僕自身だけじゃなく、

身の回りでも当たり前に繰り返し起こるのか?

 

それは、ひとつひとつのパーツが

「〝人を動かし、売ること〟に特化した文章術」

によって組み立てられているからです。

 

ここに大きなチャンスがあります。

 

〝人を動かし、売ること〟に特化した文章術は、

学校で教えられる文章とは本質的に違うのです。

 

僕が使っている文章は「人を動かすこと」「売ること」に特化してるのに対し、

学校で教えられる文書は「難しい文章」だからです。

 

大学まで行ったことがある人なら分かると思いますが、

やたら難しい論文やレポートなど

書かされませんでした?

 

あんなの強制されたら、

真のライティング能力は、極限まで低下してしまいます。

 

(基本的に僕は大学生活の4年間を本気でムダにしたと思っています。

論分やレポートを完全放棄して売れる文章術を学び、とっとと1億くらい稼げばよかったなと)

 

でもだからこそ、チャンスなのです。

 

みんながみんな、あまり価値のないことをしてる中、

 

「〝人を動かし、売ること〟に特化した文章術」を習得できたら、

 

一気に、その他大勢とは違う存在になれる。

 

これはエリートが入ってこない領域であり、

学んだ人だけがこっそり得をし続ける聖域なのです。

 

世の中で大ヒットしてる商品や

なぜか売れ続けている商品には

必ず、裏側のカラクリがあります。

 

たまたまヒットしてるわけじゃなく、

ヒットするための文章を紡いでいます。

 

この裏側・カラクリを学んだ人がビジネスを作ると強いですよ。

 

ライバルが来ても微動だにしない

自分だけの絶対領域を構築できます。

 

僕は、この文章術を習得するにあたり、

歴史、宗教、自己啓発、扇動、心理学など

あらゆる角度から学んできました。

 

つい最近も、学習のために、

文章を書いて年間1億を自動化してる起業家や、

文章だけで年収5億円のスーパーコピーライターや、

知る人ぞ知る重鎮セールスライターの教材や講座に課金し、

 

多角的にインプットしています。

 

それらのお陰で、毎月100万以上が自動で入ってきたり、

自分が書いた文章で1億以上の売上に貢献したり、

 

案外あっという間に、

日本のトップ1%内の報酬をもらうことに成功しました。

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」を使い、

売れるシナリオを作っていく。

 

やるべきことはいつでもシンプルです。

 

自動化しても売れていく

業界最高峰のシナリオ

 

僕はセールスに特化した文章術を学び、

それをベースにして

インターネット上に巨大な仕組みを作ってきました。

 

結果、2〜3年前に作った仕組みからも自動的に収益が発生し続け、

その商品の成約率はいまだに衰えることがありません。

 

例えば・・・

 

5万円の商品で成約率32%

10万円の商品で成約率16%

20万円の商品で成約率13%

 

といった、驚異的な数字を叩き出しています。

 

これ、やったことがある人なら分かると思いますが、

業界のなかでは最高レベルの成約率です。

 

(しかも自動化しています)

 

広告経由であっても、

5万円の商品で成約率5%を切ることはないでしょう。

 

一般的には「1%いけばいい」と言われてる中で。

 

もちろんこれらの数字はマグレでななく、

すべて意図して出した数字です。

 

文章術を短時間で習得してから

打ってきたセールスのなかで、

売れなかったことは一度もありません。

 

何度でも何回でも、

どの市場でもどの業種でも再現することができるのです。

 

実際、「ココナラ」という商品を販売できるプラットフォームにて、

1時間ほどかけて販売ページをつくり、

 

その結果、

 

・1300件の販売実績(ジャンル:SNSマーケ)

・4000件の販売実績(ジャンル:占い)

 

を作ることにも成功しました。

 

もう完全に「文章」のお陰です。

 

そしてこれらの文章術は、

Twitter、Instagram、YouTube、ブログ、メルマガ、オンラインサロン、セミナー、コンサルティング、実店舗ビジネス、etc・・・

 

でも使うことができます。

 

人を動かす本質は変わらないので、

ちょっとした準備をするだけで

いとも簡単に売ることができるのです。

 

実際僕も、美容グッズ、サプリ、アパレル、書籍、SNSコンサル、サロン、セミナー・・・

 

なども文章だけで売ってきました。

 

たくさんの商品を扱って、自由自在に売ってきて思うのは、

人を動かす本質は変わらない、ということです。

 

だからこそ、その本質を抑えた上で

文章に落とし込める人は、

どんな時代になっても安定したビジネスを生み出すことができます。

 

文章でお客の人生を変えて

人も信用も集まり続ける

 

3日に1回くらい、

 

「人生が変わりました」

「一気に視野が広がりました」

「出逢えてよかったです」

 

といったメールを頂きます。

 

なかには、読み切れないほどの長文で送ってくれる人もいるのです。

 

ほんの一部ですが、

実際にもらったメールのスクショを

掲載させていただきます。

 

(スクショ貼る。じゅんさんのコンサル感想メモも貼るかな。)

 

これらの返信はそんなに珍しいことではありません。

 

というのも、僕が使っている文章は

「人の人生をいい方向に変える」

という役割も兼ねています。

 

適当にそれっぽいことを書いて

配信してるわけじゃないのです。

 

よくある「ひたすら煽って売るタイプの文章」ではなく、

しっかり価値提供をしまくった上で、

人を育てながら商品を案内していくスタイルを取っています。

 

焼畑商法のような、

売って終わりでまたゼロから集客するような

スタンスではありません。

 

むしろ真逆で、売ったあとからスタートします。

 

昔からそうですが、参加費以上の価値提供をするからこそ

ファン化が加速し、リピーターも生まれるのです。

 

そして、商品をベースにお客が成長し、

一緒にビジネスをやっていけるレベルにまで育ってもらうことを

第一目的としてセールスしています。

 

実際、僕はメルマガをもう3年以上運営していますが、

 

初期の頃からの読者さんで月収200万を自動化した人、

2年前からの読者さんで月収150万を突破した人、

1年前からの読者さんでゼロ→イチを突破し、人生で初めて労働以外の形で収益化に成功した人、

6か月前からの読者さんで、「ビジネスに関することだけじゃなく、豊かに生きるために大事なことを教えてもらってる」と毎日届くメルマガを人生の教典として利用してくれてる人・・・

 

などなど、長期的に関係が続いていて、

いまでも読んでくれる人がたくさんいます。

 

最初は初心者だったのに、

いまでは立派に自分のビジネスを所有し、

一緒に協業することだってあります。

 

僕が理想とするのは、自由で強い個人をひとりでも多く輩出し、

一緒にビジネスを興したり、気が向くままに遊んだりすることです。

 

読み手に新しい可能性や気づきを与え、

人生をいい方向に変えつつ、

同時に一緒に事業ができる優秀な人材が集まるように

文章を組み立てました。

 

その結果、自動収益が発生し続けると同時に、

優秀な人も次々と集まってくるようになったのです。

 

これ、革命的だと思いません?

 

だって、文章が利益を生むだけじゃなく、

自動的に採用までできてしまう。

 

優秀な人をひとり雇うのって結構大変で、

100万、200万のコストが余裕で飛んでしまう世界です。

 

そんな人材をインターネット×文章術の力を使って

集められるとなると、こんなにいい手段はないと思います。

 

630記事の黒歴史を刻む

 

ただ、最初から富を生み出す文章が書けていたか?というと、

実はすべて順調にいったわけじゃありません。

 

僕は昔、ブロガーとしてがむしゃらに文章を書いていました。

 

とにかくたくさん書けば文章が上達すると思っていたし、

書けば書くほど売上も伸びると思い込んでいたんです。

 

結果、短期間で630記事を執筆したのですが、

文章力も上がらず、

収益もスズメの涙でした…

 

今思うと、完全に黒歴史だったなと。

 

文章に思考が入っておらず、

どうでもいい無価値な日記

みたいな感じになっていました。

 

これだと、いくらがんばって書いても資産性はゼロです。

 

加えて、当時、別名義でメルマガも書いていまして、

毎日1本、リアルタイムで執筆して配信する、

といったことを実践指していました。

 

でも、これも自分の中では黒歴史。

 

当時のメルマガで今使えるものは、ゼロだったのです。

 

価値の届け方、面白いコンテンツの作り方、

人を動かす文章の書き方、

すべてが全然わかっていなかったなと感じます。

 

超重要なのでぜひ気をつけて欲しいのですが、

正しいやり方で文章を書いていかないと、

資産として残りません。

 

これ、恐ろしくないですか?

 

タイムマシンがあれば過去に戻って、

必死にPCをカタカタしてる自分をぶん殴ってあげたい。

 

「おい!目を覚ませ!間違った努力を100回やってもムダだぞ!」と。

 

それで目を覚ましてくれればいいのですが、

人間、〝信じたいものを信じる〟傾向があるので、

「いやいや、僕は間違っていない。このまま文章を書き続けて

いつかの収益に繋げていくんだ」

とかドヤ顔で返答してしまいそうな自分が怖いです。

 

たった1日

プロから教わればよかった…

 

ほんと、たった1日でいいから、

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」を習得してるプロから

教わればよかったなと今では思います。

 

もう後悔しても遅いので

前向きに捉えるようにはしてるけど、

 

当時の自分は、視野がめちゃくちゃ狭かったなと。

 

というのも、無価値な文章を量産して

お金と時間をムダにしたあと、

文章を書いて年間1億を自動化してる起業家に出会い、

半年間300万のコンサルを受けたのですが、

 

初日から、もう自分の中の常識と価値観を

これでもかというくらい破壊されてしまって。

 

いやぁ、ある意味、ショックでしたよ。

 

半永久的に売れ続ける仕組みのつくり方、

お金と時間を生み出す文章の書き方、

自由自在に人を動かす方法、

商品単価を10倍にするライティング技術・・・

 

「あぁ、そういうことだったんだ。

これは一生かかっても気づけなかった。

だったら、もっと早く教わればよかった」

 

素直に、そう思いました。そして行動するのが遅くなってしまった自分を憎んだのです。

 

とくに恐ろしいなと思ったのが、

僕が個人的に2年ほど悩んでいたに対し、

 

「あ、それは◯◯ですね!今日から変えていきましょう」

 

と3秒で返答されたことです。

 

なるほど、ここまでの差があるのか、と思いました。

 

2年で悩んでいたことが、3秒で解決できるわけです。

 

時間=命なのに、僕はどれだけ時間をムダにしてきたんだろう、と。

 

それからというもの、

人を動かし、売れる文章術が手に取るようにわかったり、

1/10のアクセス数で収益が10倍になったり、

 

文章力が格段に上がっただけでなく、

すぐに収入もアップしていきました。

 

成約率ももちろん上がりましたが、

なにより集まってくる人、共感してくれる人、

返信メールの質が

一気にグンと上がった感覚がしたのです。

 

文章の扱い方を変えるだけで

ここまでの変化があるのか…

と驚きと恐怖でいっぱいだったのを覚えています。

 

まぁ、我流で何年間も練習して習得しようとしていたことが

プロから教わった瞬間に1日でできるようになった

 

というのはよくある話です。

 

その中でも文章は一生使う技術だったので、

初心者時代に深く学ぶことから逃げた僕は

大きな過ちだったなと反省しています。

 

というか、表に出ている文章だけを見て

「販売者の裏側なんて独自で分析できる!」

と思っていた思考そのものが圧倒的に間違いだったんですよね。

 

分かるわけがありません。

 

売れ続ける文章の裏側には見えない大きな戦略と

具体的な戦法があるのです。

 

僕も300万を払うまでは

分からなかったし、

きっとその機会がなければ

文章の真髄に辿りつけないまま、

 

累計で5億円くらいは

損していたと思います。

 

だから、どうせ極めるスキルなら

手取り早くプロから教わったほうがコスパよくない?

と今では思うのです。

 

コピーライティングを学んでも

1mmも売れないワケ

 

これは初心者に教えるときにも

言ってることだし、

昔の自分にも言えることですが、

 

いくらPASONAの法則やAIDMAの法則やCREMAの法則やQUESTの法則を使用し、

その型に沿って売れる文章を書こうとしても、

 

それだけではなんの面白みのない、薄い文章になってしまいます。

 

(ちゃんとそれぞれの法則を理解した上での発言です。

ここでは法則の中身については触れません)

 

なんというか、

誰でも書ける文章だし、

心には響かないし、

最後までちゃんと読もうと思われない。

 

誰からも反応がないし、

クリックもされないし、

返信も0件。

 

商品を売るとか

口コミを起こすとか以前の問題で、

誰にも読まれないのです。

 

そして、書いてるうちに本人も気づくのです。

 

「あれ?ちゃんとコピーライティングの勉強をしてきたはずなのに…

なんか私の文章って、イマイチなのかな?」

 

という状態。

 

これ、いくらコピーライティングを学んだとしても、

恐ろしいほどに改善しません。

 

コピーライティング はあくまでテクニックであり、

文章の本質ではないからです。

 

僕も実は、コピーライティングのテクニックはあまり使いません。

 

もちろん、売れる文章術を習得するにあたり、

 

大量のコピーライティング・セールスライティングの書籍や教材を

読み漁ってきたし、

 

つい最近も、学習のために、

文章を書いて年間1億を自動化してる起業家や、

文章だけで年収5億円のスーパーコピーライターや、

知る人ぞ知る重鎮セールスライターの教材のコンテンツに課金し、

 

多角的にインプットはしています。

 

でも、繰り返しますが、

コピーライティングはあくまでテクニックであり、

文章の本質ではありません。

 

それを理解した上でプラスαとして学んでいるのです。

 

それに、教材の中で、

僕の10倍以上の実績があるコピーライターもこう言っていました。

 

「◯◯の法則とか、そういうのは最低限でいい。

コピーライティングにおいて本当に大事なことは、人間理解である」と。

 

そう、本質的に大事なのは、

人が動く原理原則を知ることです。

 

テクニックは小手先にしか過ぎません。

 

そんな小手先をいくら使ったところで、

原理原則をミスっていたら成果はゼロで終わります。

 

というか、そういうテクニックを磨く時間があれば、

 

読者に面白いと思ってもらえて、

かつ価値提供になっている文章をつくる時間にあてるべきです。

 

テクニック<<<<<<<<<<<面白い文章

 

といのは非常に重要な概念です。

 

僕はこれらの原理原則をゆっくりと

頭に刻み込んでいきました。

 

その結果、文章を紡いで

いくらでも価値提供ができるようになり、

 

面白い、タメになる、といった

返信も飛び交うようになりました。

 

インターネットという媒体に乗せて

価値を全国に届けることで、

 

その価値が倍増し、お金に具現化されて

手元に返ってくるのです。

 

この原理原則から外れて、

煽って買わせるだけの文章を学んでも、

正直、なんの価値もありません。

 

売りたい、と思うのであれば、

まずは価値提供をすることです。そこからスタート。

 

だからこそ、

価値提供をしながら商品が売れ続ける仕組みを

つくった人は、

 

ライバルがひしめく中でも

余裕でひとり勝ちすることができます。

 

Googleに心臓を握られてる人たち

 

もう一つ、かなり重要な話をします。

 

インターネットビジネスの情報を集めていくと、

必ずといっていいほど

「SEOを意識した文章を書こう」

といった教えに直面します。

 

SEOとは検索エンジン最適化のことで、

ようは、検索エンジンに好かれる文章(=Googleに好かれる文章)

を書いていきましょう、といった内容。

 

でも、僕は自分のブログでも、SEOを完全に捨てています。

 

その結果、収益は右肩上がりになりました。

 

むかしは、SEOを意識して200記事ほどアップしていたのですが、

ある日を境にすべて消したのです。

 

というのも、みんなSEOが大好きみたいだけど、

SEOを意識した文章って、ぜんっぜん面白くないんですよね。

 

読んでいても、まったく感情が動かない。

 

「人は感情で購入し、理論で正当化する」ので、

入り口の感情を動かすことができないと、モノも売れないのです。

 

これは、起源を遡ってみるとわかるのですが、

Googleはもともと大学の論文の検索システムでした。

 

つまり、Googleに好かれる文章=論文みたいな文章

になってしまいます。

 

これは「人を動かす文章」からは大きくかけ離れているもので、

論文である以上、どうしても面白味に欠ける文章になってしまうのです。

 

加えて、Googleに心臓を握られている状態が続きます。

 

僕もこれまで多くのアフィリエイターと会ってきましたが、

ある日、検索上位だったウェブサイトが

一気に圏外に飛ばされて、

一瞬でご飯が食べていけなくなる人を

たくさん見てきました。

 

SEOって、良くも悪くも「予測不可能」です。

 

以前、月間20万PVほどある女性向けのメディアを

運営していたのですが、

ある日、検索上位だった記事が一気に吹き飛ばされて、

あっという間にアクセスが1/5以下になった経験もあります。

 

もうほんっと、Googleって気分屋なんだから・・・

 

僕がビジネスをはじめたばかりの頃、

 

京都在住の主婦ブロガーと交流していまして、

 

その人も、20万PVで月収10万以上あった状態から

一夜で転落していました。

 

せっかく3年もかけて積み上げてきたのに

ちょっとかわいそうですよね。

 

今ごろ、もし彼女がまだ

SEOに依存した記事を書き続けてるとしたら、

もうかける言葉もありません。

 

Google=ひとつの国

みたいなものなので、

Googleの言うことは絶対だし、

ルールを破った人には容赦ないのです。

 

僕も、現在、検索エンジンからの集客はしていますよ。

 

でも、「SEOを捨てた記事」をアップしている中で、

結果的に、SEOからも集まっているだけです。

 

それに、その集客にはまったく依存していなくて、

 

それよりも濃いファンをつくること、

お客さんと向き合うこと、

自分で商品をつくる、価値提供することを第一優先にしてきました。

 

だから、たとえGoogleが「お前のサイトを圏外に飛ばしてやる!」と

いじめてきたとしても、

 

ほとんどダメージはないのです。

 

その土俵で、勝負をしていないので…

 

僕はこれまであらゆる業界をリサーチし、

文章の教材を買い込んできましたが、

 

ほとんどが「Googleに好かれる文章」

 

を教えていました。

 

でももう分かると思うけど、

 

機械に好かれる文章と

血の通った人間を動かす文章は

 

本質的に違うのです。

 

 

 

本当に儲かっている起業家は、

「人を動かす文章」を学びます。

SEOなんてはなから捨てているのです。

 

しっかり価値提供をし、

人を動かす力を持った文章を紡いでいくからこそ、

 

常識では考えられない利益を

叩き出すことができます。

 

 

 

この考え方をインストールすることは、

お金・時間持ちになるための第一段階です。

 

月間50万アクセスあっても

モノが売れなければ儲からない

 

そして、特にインターネットビジネスの世界だと、

「とにかくアクセスを集めろ!」

「大量のPVだ!閲覧数だ!」

 

と叫んでる人を多く見かけます。

 

そのために、

毎日がむしゃらにSNSを更新して

大量のブログ記事をアップして

オンラインサロンに入って色々な人と馴れ合いをして

キーワードを探しまくって

毎日のようにGoogleアナリティクスと睨めっこしています。

 

これを言い切るとショックを受ける人もいるかと思いますが、

 

PV・アクセス数なんて

ほとんど意味を持ちません。

 

たとえ大量のアクセスがあろうとも、

モノが売れなければ儲からないのです。

 

アクセス=売上ではないからです。

 

トップYouTuberのように芸能人級の数字を持っていれば別ですが、

あそこまで到達できる人は

 

全体の0.0000001%くらい。

 

ほとんどの人はアクセスを追いかけ、疲弊し、

たいして儲からないまま撤退していきます。

 

これも過去の体験談ですが、

昔、月間50万アクセスもある

ニュースサイトを運営していました。

 

朝から晩までPCに張り付き、

指をつりそうになりながらも

大量の記事を生産していったのです。

 

でも、収益は、1万以下。

 

50万アクセスもあれば

月収100万はいくかな〜と思っていただけに

相当ショックだったのを覚えています。

 

だって、500,000って、

東京でいったら八王子市の人口クラスですよ?

 

全員から1円を徴収するだけでも

50万円なのに・・・と。

 

繰り返しますが、

アクセス=売上ではありません。

 

明確な戦略とロジックが抜け落ちている、

いくら書いても売れない、

利益につながらない文章を量産したところで、

 

時間と労力のムダで終わります。

 

これは痛いほど経験してきたので

声を大にして言いたい。過去の自分に届けるイメージで書いています。

 

いまは、Googleに好かれる文章、

アクセスを取りにいく文章を放棄し、

 

お客さんと長期で交流して

徹底的に価値を与え続ける文章をベースに

構築しています。

 

その結果、月間100万PVを超えているブログと

月間3000〜1万PVしかない僕のブログを比較したときに、

 

僕のほうが収入は10倍も高かったりします。

 

1アクセスあたりの価値が全く違うのです。

 

 

あとこれも重要なことなのですが、

 

大量のアクセスを取らないと稼げない

=露出を増やして有名にならないと稼げない

 

と思ってる人も結構いるけど、

重大な誤解なんですよね。

 

影響力と知名度ってまったく別物で、

 

なかには「誰それ?」という知名度の低さでも、

数千万、数億単位でこっそり荒稼ぎしてる人はゴロゴロいます。

 

というか、僕の周りにいる暇な金持ちは

みんなそんな感じです。

 

月収600万を自動化してる友人は、

YouTubeのチャンネル登録者数も1000人ちょっとだし、

TwitterやInstagramに関しては

アカウントすら持っていません。

 

渋谷で1000人に声をかけて、

「◯◯って人、知ってますか?」と聞いても

誰一人として知らないと思います。

 

でも、文章1本で成り上がり、

いまはリアルに月収600万を自動化している暇な金持ちなのです。

 

(今度釣りに行くことになりました)

 

逆に、大量のアクセスがあって

多くの人に知られている有名人でも、

収入はスズメの涙・・・というのもよくある話です。

 

最近も、テレビに出演までした

人気TikTokerの2人と通話したのですが、

月収3万すら稼げていない状態でした。

 

また、SNSで累計50万以上のフォロワーを抱える

恋愛系インフルエンサーとも交流があるのですが、

聞いてる感じ、ぜんぜん儲かっていないようなんですよね。

 

僕が3日間テコ入れすれば、

一気に収益10倍に跳ね上がるのになぁと

思いました。

 

僕が手掛けているビジネスもどちらかというと

地味な部類でしょう。

 

ブログ、メルマガ、LINE@などをメインに使って

仕組みを作っているだけです。

 

でもなぜか、大手のYouTuberよりも

稼いでいます。

 

書籍では学べない

文章革命

 

先ほども言いましたが、

 

いくら知名度を手に入れ、

有名になってアクセスが増えたとしても、

 

商品を売る術を知らなければ

悲しいほどに収入は付いてきません。

 

この事実に気づき、

急いで方向転換した人も、実は何人か知っています。

 

僕の教え子にもひとりいますが、

それまではアクセスを集めることに夢中になっていて、

とにかく知名度を上げようと必死でした。

 

なんか、海外のサイトを使ってフォロワー購入したり、

拡散グループに所属してお互いを拡散しあったり、

そういう無意味すぎることにも手を出していたんですよね。

 

そこで、ビジネスモデルを根本から見直すと共に、

ちゃんと文書を魅力的なものに変更し、

商品を売る方法まで教えたところ、

 

収入が軽く8倍になりました。

 

あまりにも変わりすぎて

本人もビックリしたみたいで、

僕のことを救世主、神扱いしてきます(笑)

 

しかも、自動で売れることに特化した文章だったので、

朝起きた段階で5万、10万、20万の商品が

バコバコ売れている状態です。

 

これらは非常に強力なノウハウですが、

ネットで調べても核心をついた情報は出てこないし、

さすがに、書店に並んでいるような本にも書いていません。

 

というか書籍って

マス向けに流通していくものなので、

過激な情報や表現はカットされてしまうんですよね。

 

僕も活字が好きなので、

小説、ビジネス書、自己啓発書、心理学書、哲学書・・・

 

などありとあらゆる書籍を読んできましたが、

強力なノウハウや核心をついた情報は

一切書かれていませんでした。

 

僕が勇気を出して

ずば抜けて良質な情報に

リスクを冒しながら投資したところ、

やっと学ぶことができた本物のスキルです。

 

僕自身、まじなの?と疑いながら

書いてきたりもしたのですが、

 

ほんとに収益が爆発的に上がり、

あっという間に最高月収を更新しました。

 

こんなにガラッと変わるなら

初心者の頃に知りたかったよ…

 

とため息交じりでしみじみと思ってしまうほど、

 

それまで本物の文章術を知らなかった僕にとっては

大きなパラダイムシフトだったのです。

 

複利で増え続ける資産と

ネット上に蔓延するゴミ

 

改めて言うまでもないですが、ビジネスの本質として、

「人に価値を提供した分だけ稼げる」

というのがあります。

 

その価値というのは、

パソコンとキーボードがあれば、

いや、スマホ1台だとしても文字を打つことさえできれば、

 

無限に良質な価値を生み出すことができるのです。

 

僕がやっていることも非常にシンプルで、基本的には、

 

①学ぶ

②文章化して発信する

 

の2点です。

 

これが価値提供になっているからこそ

大きなお金が日々動いています。

 

学びはあらゆるところであります。

 

書籍、教材、コンサル、旅、対人関係、恋愛、ディープスポット・・・

 

つまり、「人生経験を彩り豊かにし、

得たものを書き残すこと」が仕事になっているのです。

 

これを仮に、1年、2年と続けたらどうなると思いますか?

 

〝ちゃんと〟文章を学んできた人は、

次々と資産が積み上がっていきますよね。

 

過去の文章(資産)のおかげで

人が集まり、口コミも発生し、

商品がどんどん売れていくようになります。

 

やればやるほど潤う仕組みが

できあがっていくのです。

 

まさに、複利で増え続ける

自分だけの資産。

 

人を動かし、富を生み出す文章を学べば学ぶほど、

そして、価値のある文章を書けば書くほど、

将来の自分がラクになっていきます。

 

「不労所得」という単語はあまり使いたくないんですけど、

事実、僕は文章のお陰で不労所得も受け取っているのです。

 

(これ、冷静に考えたらすごいことですよね。不動産収入、印税収入みたいな感じです)

 

逆に・・・

 

〝ちゃんと〟文章を学ばかなかった人は、

いくらキーボードを叩いてもゴミしか生まれません。

 

あえて「ゴミ」という厳しい言い方をしますが、

 

がんばって書いたのに誰にも読んでもらえず、

誰の人生にも影響を与えず、

お金にもならないとしたら、

 

一体なんの意味があるのでしょうか?

 

僕自身、インターネット上に

大量のゴミを生産してきたからこそ

言えることです。

 

ブロガー界隈では、「まずは100記事を書け」

なんて言われたりしてますが、

 

1年後に同じ100記事ができあがったとしても、

 

月収100万を安定して突破する人と

月収3000円にすら到達しない人

 

が明確に分かれます。

 

僕自身、630記事を書いても、月間50万アクセスを集めても、

収益はスズメの涙だったのです。

 

時給換算したら「20円」とかだったと思います。

 

間違ったやり方で間違った文章を

生産し続けても、

ゴミを増やすだけになります。

 

これは、インターネットを見渡せば分かるはず。

 

誰にも見つけてもらえず、読んでもらえず、

ただふわふわとネット空間をさまよってるだけの

コンテンツが一体どれだけあるのか?

 

そんなコンテンツが

お金・時間を生み出してくれるわけがありません。

 

非常に残酷ですが、やはり、

知ってる人と知らない人とでは

とてつもなく大きな格差が生まれます。

 

同じ努力をこなしても、

物理的に超えられない壁が築かれしてしまう。

 

これは真実です。

 

僕は無価値な記事を生産し、

1年、2年とムダにしてきました。

 

若い頃の1年を失うって、1億以上を失うのに等しいです。

 

だって、今の文章術があれば、

1年で1億をつくることは可能だから。

 

僕もあなたも、

なるべくならムダな努力はしたくないと思ってるし、

どうせなら最短最速で成功したいはずです。

 

過去、命のムダ遣いばかりしてきた僕だからこそ言えますが、

無知=悪です。損することばかり。

 

だから、どうせなら得をして、

格差社会の中でも上にいってやろうと思い、

知識にベットし、脳みそにレバレッジをかけ、

いつでも自由自在にお金を生み出せる本質的なスキルを磨いていったんです。

 

すると、1/10の作業量でも10倍の収益を叩き出したり、

これまで全然売れなかった商品も飛ぶように売れはじめ、

 

ビジネスが本当にラクになりました。

 

資産も雪だるま式に積み上がり、

巨大なお城をつくっている感覚です。

 

やる気のあるあなたには

早くこの状態まで進化してほしい。

 

そうすれば一緒に協業ができるし、

5人くらいの力を合わせて、

文章1つで日本に大きな仕掛けをおこなうことも可能。

 

僕の夢も、拡張されるのです。

 

だから、一刻も早く、

ネット上に蔓延するゴミではなく、

複利で増え続ける資産をつくっていきましょう。

 

石ころを月額20万で販売

価値を生かすも殺すも文章次第

 

話を戻しましょう。

 

セールスの世界で

ひとつ大きな誤解があるのをご存知ですか?

 

それは、

 

「いい商品だから勝手に売れるだろう」

 

という認識です。

 

これは残念ながら間違いで、

正しくは、いい商品だから売れるのではなく、

セールスがうまいから売れるのです。

 

つまり、文章・言葉を通して、

人を動かし、購買行動につなげることができるか?

が最大のポイント。

 

どんなにいい商品を作ったとしても、

今の時代、ぜんぜん売れないわけです。

 

売れない商品というのはお客さんの手に届かないので、

その時点で、商品としての価値もあまりありません。

 

商品というのは、売れて、お客さんの手に渡ってはじめて

価値が発揮されます。

 

だからこそ、最初の「売れる」という段階を

クリアする必要がある。

 

逆にいうと、

これは悪用厳禁ですが、

 

ゴミのような商品であっても

売り方さえ学んでしまえば、

 

100万円でも売ることができてしまいます。

 

僕が知っている事例として、

 

そこらへんの石ころを月額20万で販売してる例

 

もあります。

 

しかも、購入者は、心から満足しているのです。

 

また、「人を代わりに呪います」といった

サービスを立ち上げ、文章だけで

20万、30万、50万、100万と売りまくり、

タワマンの高層階に住んでいる女性の方も知っています。

 

なんか、真面目に働くのがバカバカしくなってきません?

 

営業マン時代の僕だったら、間違いなくこのタイミングで

ため息をつくし、嫉妬と怒りがにじみ出ると思う。

 

だって、かたや時間も場所も拘束された環境で

嫌いな上司にゴマすりしながら

精神をすり減らし、

 

必死に時間(命)をお金に変えて、

それで月給20〜30万とかですよ。

 

必死にがんばっている自分とは真逆の世界で、

 

「人を代わりに呪います」といったサービスを文章だけで売り、

月間500万近く稼いでる人もいるという・・・

 

信じたくないのはわかるし、自分を守るためにも

全部は全部信じなくていいんですけど、

 

売れる文章術は、これほどまでにヤバいということです。

 

かなり強力な技術。

 

ただ繰り返しますが、悪用厳禁ですよ。

情弱向けのビジネスで荒稼ぎしたところで、長続きはしません。

(価値提供がないと、いつか崩壊します)

 

包丁と一緒で、扱う人によって

凶器にもなるし、とびきりおいしい料理を作ることもできます。

 

長期で大きくビジネスを拡大して儲けたいなら、

おいしい料理を作って満足してもらったほうが

精神衛生上もすごくいいと思うのです。

 

だからぜひ、強力な武器を手に入れたら、

その扱い方次第ですべてが変わってしまうことを念頭に、

正しい方向で使ってもらいたいと思っています。

 

毎月100万超えの起業家が設計した

売れるシナリオの方程式

 

じゃあ、文章を学び、

商品を売る力も磨いたらどうするか?というと、

ぜひ仕組みをつくって欲しいなと思っています。

 

もちろん、人を動かす文章術・売れる文章術を習得したら、

例えば会社HPの社長メッセージを書き換えて

案件獲得、採用増加につなげることもできるし、

 

ぜんぜん思い通りにならない部下に対し

メールを1本ポンッと送り、

あなたに従わせることもできるし、

 

気になる人に想いを綴った文章を送り、

結ばれる確率を大幅にアップすることもできます。

 

でも、それだけじゃなく、

ぜひ文章を軸に仕組みをつくってほしいのです。

 

仕組みとは、SNSやブログやLINE@やメルマガを組み合わせて、

あなたの商品が売れていく1つのお城、テーマパークみたいな感じです。

 

ディズニーランドを思い出してください。

 

入場料を払って入園し、夜、パレードを終えて出口を出るまで、

 

追加でスモークターキーレッグ(チキン)を買って食べたり、お土産を買ったり、

 

いろいろと課金してから帰りますよね。

 

そして、あなたも、お相手も、満足そうな顔をしています。

 

(あぁ…久々にディズニー行きたい)

 

そうです、ディズニーランドも1つの仕組みであり、

これをインターネット空間で小さく再現してるだけに過ぎない。

 

だからこそ、商品が自動で売れていき、

しかもお客さんもみんな満足してくれる

という現象が起きます。

 

もしかしたらまだイメージができないかもしれません。

 

大げさな話に聞こえる人もいるでしょう。

 

でも、小さな仕組みなら、

1〜2週間もあれば完成してしまうのです。

 

また、「商品ってなに?そんなのもってないんだけど」という人もいるかもしれません。

 

これは企画の中で詳しく解説してますが、

商品=オリジナルコンテンツであり、

それは文章だけでつくることができます。

 

実際、3日もあれば

オリジナルコンテンツは作れてしまうのです。

 

僕は、そういった文章術やシナリオの組み方(仕組みのつくり方)を学び、

自動で毎月100万、200万、300万を生み出してきました。

 

関わっているインターネットの事業は、

すべて明確な販売戦略に沿って組まれています。

 

これは、僕が1000万単位で投資してきて

ようやく学べた、

知る人ぞ知る、先人達が荒稼ぎしてきた方程式なのです。

 

個人の副業収入として毎月5万〜30万くらいあればいいなぁという人から、

個人で年間1億〜5億くらい自動化したいなという人まで、

 

幅広く適用可能な方程式があるということ。

 

この形式に沿って

企業からお願いされた案件の執筆をおこないましたが、

 

たった1〜2週間でつくった仕組みから

あっという間に50万、100万、150万の売上が発生しました。

 

今後2年くらいあれば

最低でも売上1億は到達するでしょう。

 

たった1〜2週間の労力で、1億を生み出す世界です。

 

(しかもこれに関しては、販売ページなしです)

 

・・・せっかく人を動かす文章術・売れる文章術を学んだのなら、

 

「よし、これをもとにクラウドワークスでライターの仕事をしよう!」

 

といった間違いをおかさないで欲しい。

 

ライターを否定してるわけじゃないけど、

その活動の延長線上に

本当にお金・時間・精神の自由は待っていますか?と

常に自問自答したほうがいいです。

 

ぶっちゃけ、この企画は、

巷でよく見るようなライティング講座とは

まったくの別物なので、

 

「Webライターになりたいんだ!」

「SEOライターとして活動していきたい!」

 

といった人はブラウザバックしたほうがいいです。

 

僕が提案してる世界は、

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」を学び、

お金・時間・精神の自由を獲得し、

 

一緒に文章を軸にした事業を展開したり、

日本に文章で大きな仕掛け共にをしていきませんか?という話。

 

そのためには表面的な文章術だけだと不十分なので、

売れるシナリオの組み方、仕組みのつくり方まで

今回は話しています。

 

ネット上に複数の不動産を設置し

暇な金持ちを実現しました

 

今回の手紙はいつもより少し難しいかもしれません。

 

でも、ここで全部を理解しようとしなくても大丈夫。

 

僕自身、最初から全て理解できたわけじゃありません。

核心の情報に辿りつき、ゆっくりと咀嚼し、

自分の中に落とし込んできました。

 

大事なのは、自分の視野の限界を世界の限界だと思わないこと。

 

そして、イメージすることです。

 

「文章にもいろいろなパターンがあるんだな」

「富を生み出す文章術を極めるとこんな世界が待ってるんだな」

「自分の場合はどういう感じになるだろうか」

 

と、具体的に想像してみること。

 

僕は昔から妄想が好きでした。その結果、イメージしていた通りの世界がいま

目の前に広がっているのです。

 

気づいたら売れる文章術を習得し、

それを使ってネット上に

複数の不動産を設置している状態。

 

20代にして暇な金持ちを実現してしまいました。

 

僕の生活ってこんな感じです。

 

まず、朝に起きれないので、だいたい12時頃に起床。

 

目覚まし時計が苦手なので、めったにアラームを設定することはないです。

 

スマホをチェック。

 

複数のインターネット事業を自動で回しているため、

この起床した段階ですでに

5万円、10万円、20万円、50万円の収益が発生してることも

珍しくありません。

 

友達と遊んだり、映画を見にいったり、1日中温泉に浸かっててもいいのですが、

僕自身、わりと意識が高いので、

 

とりあえずPCを開き、返信をチェックしたり、

コンテンツをつくったりすることが多いです。

 

で、飽きたらSNSを更新したり、読書をしたり、

友人にLINEして飲みに行ったり。

 

ふらふら旅するのも好きでして、

だいたい、どこかのホテルに宿泊してることが多いです。

 

1か月単位で離島にプチ移住したり、

打ち合わせがあるときはずっと東京にいたりします。

 

今の僕を縛りつけてるものは・・・

 

なんだろう。

 

ちょっと今、ひさびさに新しく気になる人ができて、

その人のことをボーッと考えてる時は

縛りつけられるというか、胸がギューって苦しくなりますね。

 

でも、そのくらいかな。

 

お金・時間・場所・人には縛られていないので、

ライフスタイルとしては自由です。営業マン時代とは天と地の差ですね。

 

こういう生活があるのも、

文章を紡いで、ネット上に不動産を設置してきたから

なんですよね。

 

もちろん、仮想空間に家は建てられないので、

これはあくまで比喩ですよ。

 

現実世界の不動産だと最低でも2000〜3000万以上のお金がかかりますが、

 

文章でネット上に売れるシナリオを設置してしまえば

 

初期費用0、固定費0、赤字リスク0で

安定して不労所得が入ってきます。

 

僕が自動化にこだわってきたのも、

「暇」は「ゆとり」をもたらし、

ゆとりがあるからこそ

新しい事業にもチャレンジできると思っているかです。

 

暇 is 正義。

 

まぁ暇になったらその時間をどう使うかは個人の自由です。

 

僕はもっと自分を磨いて

上にいきたいと思っているからこそ

なるベく有意義な使い方をしていますが、

 

別に、

 

趣味に熱中してもいいし、

好きなところに旅行に行ってもいいし、

グルメを堪能してもいいし、

会社を辞めて、好きな人と1日中ベッドで添い寝しててもいいでしょう。

 

どう生きるか?どういうライフスタイルを設計するか?

は個人の自由なのです。

 

もし仮に毎月100万、200万、300万といった

額が自動で発生したら?

 

というのはまだ夢物語に聞こえるかもしれませんが、

秒読みで近づいてくる未来です。

 

想像、妄想はパワーになります。

 

だから今から自由に想像してしまってもいいかなと。

 

いい未来を具体的かつ鮮明にイメージすればするほど、

その未来が現在に向かって近づいてくるのは間違いありません。

 

(時間の流れは、未来→現在→過去の順で流れています。

だから先に未来を確定させましょう)

 

自動化に特化した

日本トップの文章術

 

僕はビジネスモデルの分析が好きです。

 

飲食、不動産、人材派遣、金融、FX、コンサル、サロン、ブロガー、YouTuber

などのあらゆる業界を見てビジネスを研究してきましたが、

 

結局のところ、個人がリスクフリーで青天井に稼げるのは

やはりDRM×売れる文章術です。

 

いいですか?いま、もはやヒントではなく答えを言っています。

 

これはDRMの威力を知ってる人からしたら

当たり前の事実ですが、

「言わないで!」と思う人も多いことでしょう。

 

でも、僕は言います。

 

売れる文章術を学び、ブログやメルマガを使って

商品が売れる仕組みを作れば、

大台である月収100万なんてあっさりと超えていきます。

 

Webライター、トレンドブロガー、転売などなど

副業時代からあらゆるビジネスに手を出してきたからこそ

分かるのです。

 

これはもう、間違いのない事実。

 

2万の商品を月に50本売って100万、

10万の商品を月に10本売って100万、

20万の商品を月に5本売って100万、

30万の商品を月に3本売って100万、

50万の商品を月に2本売って100万、

でもいいですよね。

 

加えて、それぞれの商品がリピートされれば

月500万〜1000万を平気で超えていくでしょう。

 

ポロポロ売れるどころではなく、

商品が同時多発的に売れまくるのが

DRM×売れる文章術の威力なのです。

 

ちなみに、これらの技術を対面営業で応用したら

それこそとんでもない威力を発揮します。

 

僕はもともと営業マンでしたが、もしあの頃に知っていれば・・・

 

「外回り行ってきま〜す」と営業車に乗り込み、

そのまま適当にぷらぷらしてるだけでも

従来の3倍、いや5倍の売上が出せたでしょう。

 

それくらい、強力なのです。

 

これからビジネスをしていくなら、

そして、すでに事業をスタートしてる人なら、

 

〝必ず〟売れる文章術が必要になります。

 

売れる文章術がないと、いくらいい商品でも売れないからです。

 

今はたまたま大丈夫でも、

すべての基盤となる文章を甘く見ている人は

いつか壁にぶち当たります。

 

かつての僕がそうでした。

 

それほど重要な文章を真剣に学ばず、

訓練すらしない人がほとんどなので、

 

改めて、チャンスしかない時代だな、と心から思います。

 

でも、あの瀬戸内寂聴がこんなことを言っていました。

 

「チャンスは人の一生に何度も来ない」

 

だからこそ常にアンテナを張り、今がチャンスだなと思ったら

一瞬で行動していきたい。

 

僕は運よくチャンスを掴めました。

 

そして、新幹線並みのスピードで

自動化に特化した日本トップの文章術を習得したのです。

 

次はあなたの番です。

 

僕が今回提案する企画に参加することが

大きなチャンスとなり、

 

成功への近道になることを

信じています。

 

一筆千金が生まれた背景

 

僕は文章・言葉が好きです。

 

学生時代から「文学ゼミ」に入って研究したり、

大量の小説を読んだり、自分でも書いたりしてきました。

 

そして、起業後、

1000万以上の知識投資と実践を繰り返し、

 

ついに「人を動かし、売れる文章術」が完成したのです。

 

これらを、いつか企画の中に落とし込み、世にリリースしたかった。

 

文章に触れてきておよそ10年。

 

僕が生きてるうちに、

この10年で学んできた

文章に関する本質・ノウハウを一点にまとめさせてください。

 

それは、生きた証にもなると思うので。

 

企画名は「一筆千金」にしました。

 

その名の通り、

売れる文章術を学び、

一筆で千の金を生み出そうという

想いを込めました。

 

僕は文章のお陰で

千のお金と時間を手に入れることができたのです。

 

それは、周りの人や、教え子も一緒。

 

一筆動かせば、チャリンチャリンとお金が動く世界。

 

売れる文章術には無限の可能性があることを

もう痛いほど分かってもらえたかなと思います。

 

ただ・・・

 

同じ文章でも、無価値な文字列を並べ、

一円にすらなってない人も多くいます。

 

一筆千金(いっぴつせんきん)とは真逆の状態で、

 

千筆一金(せんぴついちきん)です。

 

間違ったノウハウの横行、

まったく意味のないブログ記事、

SNSを開けば馴れ合いばかり、

それらによって疲弊するビジネス初心者たち・・・

 

文章は資産になるのに、

ネット上にゴミを量産してるだけの人が多すぎます。

 

文章を、本質を、根本から間違っている。

 

これはもう、教える側も間違っているため、

負のスパイラルを生んでいるのです。

 

このまえ、情報発信で月に200万ほど稼いでる人と

飲んだのですが、その人ですら

〝いずれ頭打ちになる文章〟を紡いでいたのです。

 

結果いま、集客にすごい困ってるとのこと。

 

ちゃんと読み手の心理に沿った文章を組み立ててれば、

集客に困ることなんてありません。

 

というか僕の場合、

もはや集客を捨てています。

その方が結果的に集客できるのです。

 

さて、これからの時代は特に、

本質的なスキルを身につける人と

表面的なノウハウに左右される人で

目も当てられないほどの格差が生まれてきます。

 

すでにこの差はじわじわ生まれていて、

同じようなことをやってるはずなのに、

かたや月収500万、かたや月収1万

みたいな構図ができているのです。

 

こういう状況を横目で見ていて思ったのは、

 

せっかく夢をもってビジネスの世界に足を踏み入れ、

個人で活躍していこうとしてるのに、

 

間違ったノウハウと間違った手法で

挫折するはもったいないなと。

 

自由で豊かな強い個人が生まれれば

日本もどんどん豊かになっていくのに、

序盤のほうで大量の挫折者が出てしまうには

社会的にも大きな損失です。

 

それに僕としても、

1人でも強い個人が生まれることで

一緒に協業できたり、遊べたり、

メリットの方が大きい。

 

売れる文章術をひとりで使って月収500万を超えていくより、

売れる文章術を使いこなして多角的に事業展開できる人をひとりでも多く増やし、

一緒にビジネスを手がけ、成果報酬で数十%のフィーをもらった方が

おいしかったりするのです。

 

(現在このモデルで不労所得を構築してます。市場が拡大し続けるために飽和もしないので、真似してもらって全然OKです)

 

だからこそ、上記の理由をすべて含めて、

僕ができることは小さいかもしれないけど、

 

ここで文章の体系知となる企画をリリースし、

やる気ある仲間たちだけを一筆千金の世界へ誘おうと

考えたのです。

 

ただ申し訳ないんですけど、

非常に強力な武器をお渡しすることになるため、

やる気のない人・疑ってばかりの人は

参加しないでほしいなと。

 

予約3か月待ち、

会員制高級レストランのオーナー兼シェフが、

 

「味が分かる人にだけ食べてほしい。

味の区別もつかない人は、大衆レストランでいいと思います」

 

とバッサリ発言したという

エピソードがあります。

 

これは文章術に関しても同じで、

血と汗と涙の結晶が詰まった10年の経験を

「調理」して出している以上、

その命の重み、価値の高さをわかってくれる人に

じっくり味わってほしいのです。

 

だから、上からに聞こえるかもしれませんが、

こちらが本気である以上、本気で学びたい、人生を変えたいという人にだけ

届いてくれることを願っています。

 

ちなみに、売れる文章術を習得してる起業家は、

儲かるべくして儲かっています。

 

文章を書き、商品を案内する前段階で、

もう売れることがわかっているのです。

 

人間心理の重要な部分や

脳の反応の仕方を理解し、

 

売れる文章と

再現性あるシナリオを書くことができれば、

 

群雄割拠のビジネス界で

大成功するのは当然の帰結と言えます。

 

やる気もあり、真の文章術を使いこなすこともできる。

 

この状態で、失敗する方がすごいです。

 

繰り返しますが、儲かっている人は、

儲かるべくして儲かっています。

 

売るために特化した文章を

これまで真剣に学んだことはありますか?

 

高単価商品を売っても満足されるような

シナリオ・仕組みが作れますか?

 

人が商品を買う瞬間の心理的な変化を

ロジカルに説明できますか?

 

これらに心の底からYESと言えないなら、

苦戦を強いられるのも当然です。

 

ぜひ、売れる文章術を根本から学び、

千のお金と時間を生み出していきましょう。

 

やる気のある人、本気の人に僕の言葉が届き、

「一筆千金」をきっかけに

生涯豊かに過ごしてもらえたら、僕も嬉しいです。

 

伝えたいことは

おおむね伝え切りましたので、

ここで筆を置かせてもらいます。

 

ここから一筆千金の企画案内に入っていきますので、

じっくり読んで、必要だと感じたら手にとってみてくださいね。

 

                                   てらけん

 

 

 

 

一筆千金では、売れる文章術だけじゃなく、

売れるシナリオの組み方・仕組みのつくり方まで

お話していきます。

 

ようするに、そこらへんにある

ただの文章講座ではなく、

文章を使って商品をバコバコと売る方法や

セールス部分の極意まで知れると思ってください。

 

実際、文章はそれ単体だとなんの効果もありません。

 

もし、見ず知らずの人からいきなりセールス文が

送られてきても、スルーするだけですよね?

 

自分のことを一方的に好きだと言ってくれる人から

いきなりラブレターが送られてきても、

あなたはOKを出しますか?

 

ラブレターは、送る前に勝負が決まってるんです。

これはビジネスの世界でもまったく一緒。

 

だからこそ、売れる文章だけでなく、

 

「商品の販売開始から販売終了までのシナリオ」

 

をカチカチっと組む必要があります。

 

これを、プロモーションと呼びます。

 

プロモーションは、商品を販売するまでの流れを

ひとつのシナリオとして組み立てていき、

欲しいと思った人にだけ参加権を与える仕組みです。

 

ほとんどの人は、セールス術しか学びません。

 

もちろん、セールス単体でも売れるコツはあるし、

学んで損はないと思います

 

ただ、それに加えて

「売れるシナリオの組み方」を知ったとき、

あなたのビジネスは3倍、5倍と爆発的に加速するでしょう。

 

このシナリオを使いこなせるようになれば、

正しい型(テンプレート)に当てはめるだけで

 

たとえ必死にセールスをしなくても、

高単価の商品があっという間に売れるようになります。

 

僕のところに集まってくれる一部の読者さんは、

 

「値段を見ずにポチりました!」

「とりあえず参加しました!あとでレターを読みます」

「過去の商品もありますか?全てまとめて参加したいのですが」

 

といったメッセージを送ってくれます。

 

「そんなこと、ありえるわけない」

と思いましたか?

 

でも、世の中で爆発的に売れてるヒット商品や

社会現象を起こすほどのサービスには、

 

必ず裏側で大きなシナリオが描かれています。

 

必ず、です。

 

このシナリオの組み方をもっと小さな世界で応用し、

しかも強烈にセールスに特化した

文章と組み合わせるからこそ

 

20万、30万の商品でも次々と売れるようになるんです。

 

そして一度、プロモーションを成功させるコツが掴めれば、

どの市場でもどのジャンルでも

応用が効くようになります。

 

今回は、それら全てを含めた、

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

 

を完全マスターする企画です。

 

心理分析から販売戦略まで細かく見ていくので、

一度学んでしまえば

商品を売ることなんて

お茶の子さいさいに見えるんじゃないかな?と。

 

もちろん、普段の営業や

誰かにオファーをするときにも

かなり応用が効く内容なので、

 

ビジネスシーンに限らず、

生活の中でどんどん使ってもらって

人生全体を豊かにしていってもらえたらと思います。

 

売れる文章を書く方法からセールスの真髄まで学び尽くし、

ぜひ、ハイレベルなスキルを手に入れてください。

 

一筆千金で学べる内容は、以下の通りです。

 

たった1週間で上位1%レベルの文章術を習得できる5つの訓練法
ただ文章を書き殴ってるだけの人は、3年書き続けてたとしても上達しません。仮に少しライティング技術が上がったとしても、それは売れる文章術ではないのです。そこで、初心者でもステップバイステップで売れる文章が書ける上達法があるので、ここで公開します。一緒にプロレベルの文章を書き、バコバコと資産をつくっていきましょう。

 

中学生レベルのタイピング技術から1時間で5000文字も書けるようになる思考法
1時間で1000文字書ける人と5000文字書ける人なら、シンプルに5倍の効率差があります。タイピングスピードが早いほどあらゆる面で得をしますが、これはブラインドタッチうんぬんの話ではなく、「思考」の話です。なぜ何もない状態からアドリブで文章コンテンツを1時間5000文字のスピード感で書けるのか?生涯使える文章術をお教えします。

 

なぜ書きたいことが溢れてくるのか?なぜ国語の偏差値が45でもお金になる文章が書けるのか?
「なんでそんなにネタが出てくるんですか?」とよく聞かれます。実は、〝ある視点〟をインストールするだけで、無限に書きたいことが溢れてくるのです。また、これまで公開していなかった情報の仕入れ先も共有します。そして、それらのインプットを元に、お金になる文章の書き方を伝授しましょう。

 

豊富な実績・知識・経験を持つ上級者を、圧倒的後発組の素人がごぼう抜きした文章の秘訣とは?
実績がないです!という人も多いですが、実績がなくても文章力があれば問題ありません。むしろ、実績があるがゆえに文章力が低くなり、売れない人は多数います。上級者を凌駕する文章の秘訣を共有するので、ライバルをごぼう抜きにしていきましょう。逆に、上級者はこの文章法をおさえておかないと、足元をすくわれます。

 

累計1000通以上のメールを頂いた僕が編み出した、「会いたい」と思われるメールの書き方。逆に、「絶対に会いたくない」と思われるメール
僕はこのメール術を使って人脈を開拓しまくっています。ネット社会の現代においては無敵のスキルです。人に「会いたい」と思わせるためには、一体どのように書いたらいいか?逆に、読まれた瞬間にゴミ箱行きになるメールとは…。

 

文章に〝ある仕掛け〟をすることで、開封率・精読率を劇的にUPさせる裏戦略
LINE@でもメルマガでも、普通は、「開かれない」「読まれない」「信じてもらえない」「行動してくれない」の4拍子。でも、少し工夫するだけで180度変わります。参考までに、僕のメルマガの開封率は40%、LINE@の開封率は70%を超えます。開封率20%いけば合格ラインなのに、なぜこのような数値が出せるのか?その秘密は…

 

SNS(Twitter)を完全自動でまわすために必要な1つの条件と、フル放置で集客→信頼関係構築→販売→アフターフォローまで行う方法
僕はTwitterアカウントを2つ運用していますが、これには明確な理由と強者の戦略があります。なぜリアルタイムでの投稿と自動化での投稿を混ぜてるのか?どういうスキームで運用してるのか?なぜ放置でも人が集まり続け、信頼関係が構築され、商品が売れていくのか?年商10億超えの実業系インフルエンサーもこの手法を使っていました。今回、裏側をお話しします。

 

初対面の相手を一発で落とす、信頼されるプロフィールの設計方法
人はSNSやブログに訪れたとき、必ずプロフィールを見ます。必ずです。そこで魅力的なプロフィールを書けば一発でファンをつくることが可能。そして魅力的なプロフィールにはストーリーの型があるのです。これは一般的に教えられているテンプレートとは違って、僕も自分の仕組みに採用したところ一瞬で濃厚なファンを増やすことができました。会社のHPに応用すれば商品全体の信用度が上がるし、ブログやメルマガで情報発信をしてるなら必須の型です。

 

迷宮入りの「ジャンル選び」と「ターゲット設定」から抜け出して、見込み客に突き刺さる文章を書く方法
自分がどのジャンルでどんな人に対してどんな発信をすればいいのか?と永久に悩んでいる人が多いです。ある程度、成功パターンは決まってるので、ここで解説しましょう。ちなみに僕は、立ち上げ1日で収益化に成功し、その後1年ちょっとで累計4000個、とある商品を文章だけで販売した経験があります。これも絶対に勝てる「ジャンル選び」と「ターゲット設定」があったからです。ずっと非公開にしていたこの話も今回は完全公開します。

 

200記事を削除し、新規の10記事で売上を10倍にしたブログ裏戦略
僕はこれまで数々のブログやサイトを動かしてきました。いま運営してる個人ブログでは、200記事を削除し、新しく〝明確な戦略〟に基づいた10記事をアップしたのです。その結果、濃いアクセスが倍増し、売上は10倍に。(200記事で20万 vs 10記事で200万)
記事の書き方から導線の組み方まで、学生でも分かるようなシンプルさで完全解説しましょう。

 

成約率30%以上を維持しながら読者の濃さも両立してしまうLPの3つの要素
LINE@やメルマガに登録してもらうページのことをLP(ランディングページ)といいます。顧客リスト獲得時、捨てアドで登録されたり、読まれない見込み客を集めても意味がありません。今回は、高い登録率と濃い読者を両立するLPの構成要素を解説します。このLPの登録率が10%でも上がれば全体の売上が倍増することもあります。重要なパーツなので、今のうちにしっかり攻略しておきましょう。

 

たとえ高額商品でもスラスラと売れるセールスレターのテンプレート
セールスレター(販売ページ)は8個のパーツにわかれていて、売れるためには明確な流れがあります。その型をお渡ししましょう。あとは流れに沿ってカチカチと当てはめていけば、アクセスを流すだけで次々と売れていくセールスレターが完成します。ちなみに、売れるセールスレター=24時間365日無給で働いてくれる優秀な営業マンと同義なので、どれくらいの資産価値があるかは、もう語るまでもありません。

 

第一印象をつかみ取り、5秒で「欲しい」と思わせる視覚のコピーライティングとは?
文章術を学べばデザインは不要になります。実際、セールスレター無しで販売しまくっていた過去の例も共有しようかなと。ただ、人間の第一印象は視覚で9割決まるとも言われているので、ここをフル無視するのはもったいない。実は、全体のデザインはいいにしても、ヘッダーのデザインをちょっと工夫するだけで商品の成約率を劇的に高めることができます。僕も売上が5倍以上変わりました。事例とあわせて紹介しますね。

 

逆に、売上を激減させてしまうセールスレターの書き方とは?
これ、やってる人をよく見かけます。せっかく渾身のセールスレターを公開したのに1本も売れない…なんてイヤですよね。実は、売れないセールスレターには明確な共通点があります。インターネット上で商品を売っていくなら必ずおさえてほしい要素です。

 

これまで書いてきたてらけんのセールスレターを公開
僕は初心者の頃から、ぜんぶで10枚以上のセールスレターを書いてきました。すでに公開終了しているセールスレターから、長期でロングヒットを記録しているセールスレターもあるので、それぞれの販売戦略と共に公開しましょう。ステージ毎にどういうレターを書けばいいのか?が分かると思います。

 

文章と10年向き合ってきた僕が愛用しているセールスライティング・テクニック
僕は企業とのやり取りの場で、スーパーコピーライター/スーパーセールスライターとして紹介されることがあります。大変恐れ多いですが、一応文章とは10年も向き合ってきて、その中であらゆる手法や戦略を発見してきました。学びと実践、成功と失敗を繰り返し、いま、こっそり使っているテクニック集とは…。(ただ、テクニック的な部分に頼りすぎないことが再重要です)

 

〝販売ページなし〟なのに「10日間」で「50万円×3本」を成約した事例
某スクール事業を展開している企業と組み、プロモーションを実施しました。その結果、ハイスピードで50万円の商品がバコバコと売れていったのです。しかも、販売ページなしで…。これは1~2年で売上1億を超えると見込んでいます。一体どんな戦略のもと、わずかな期間でどんな文章を紡いだのか?LINE@で何を配信したのか?裏側を公開しましょう。このスキーム、はっきり言って〝ヤバい〟です。しかも簡単に真似できます。でも飽和はしないのでその理由も話そうかなと。本邦初公開。

 

7日間の全自動教育システムでゼロからつくった商品でもバカ売れしてしまう方法
商品を売る際、毎回お客さんにアプローチし、セールスをし続ける必要はありません。〝文章のみ〟で教育を全自動化し、7日間で商品がバコバコ売れてしまう方法を伝授しましょう。この仕組みは、あなたの今後の自由を支えてくれる絶対的な資産になります。

 

なぜ5万、10万、20万、30万の商品が毎日のようにポロポロと売れるのか?
これは実業家の人に話すと毎回驚かれ、「ぜひ教えてほしい。コンサルはやってないの?」と言われます。メール文章だけであらゆる商品が勝手に売れていくのは、やはり常識外みたいです。ただ、そんなに複雑なことはしてません。今回はこのビジネスモデルとステップメールの全体像を公開します。今まで隠していた〝ある秘密〟も含めて。

 

5万円の商品で成約率32%を記録した戦略のすべて
僕は5万円の商品が自動で売れていくように設置してるのですが、驚異的な成約率を記録しています。普通は、1%出ればいいと言われてる中、その30倍を達成しました。すでにビジネスをやってる人からしたら信じられないと思います。これ、裏側を知らないと絶対に分からない仕掛けを細部に散りばめています。たった一文の違いで…。

 

高単価商品では一体なにを売っているのか?20万以上の商品に求められる条件とは
世の中には1個1000万の商品もあります。文章だけで100万以上の商品が売れることも。一体なぜ売れるのか。どういう売り方をしてるのか。これらを明確に説明します。この条件を無視すりると、まったく売れない状態に陥るのです。

 

セールスにおいて成約率・成約数・売上・満足度に影響する「実は最も大事なパーツ」とは?
これは舐めてる人や気づかない人が非常に多いです。僕も、300万を払ってはじめて知ることができた情報です。すぐに実践したところ、成約率で3倍以上、売上も5倍ほど伸びました。〝知らないと恐ろしいほど損をすることもあるんだな〟と腑に落ちるでしょう。

 

フロントエンド-バックエンド構造で成約率10%超えを確定する、ずるいバックエンドプロモーションの組み方
あまり知られていない、バックエンド商品の販売方法を解説します。通常は安価でセミナー集客をかけ、そこでバックエンド商品をセールスするのが一般的ですが、僕は文章だけでバックエンド商品も販売しています。正しい手順と効果的な組み方があるので、共有します。

 

文章だけで「この人から買う!」という気持ちにさせる、強力なブランディング法とは?
ブランディングを確立すれば高単価でも売れやすくなり、口コミが増えるので集客もラクになります。逆に、ブランディングを軽視してると低単価でしか売れなくなり、ファンも増えず、ずっと集客がつらいまま。そんなブランディングを文章オンリーで構築する秘密を知っていますか?僕が実績がない頃から次々と商品を売っていた秘訣も隠されています。

 

売上が軽く3倍になる、商品や商品開発者のストーリーブランディングとは?
商品が売れる仕組みには必ずストーリーの存在があります。そのストーリーをうまく活用して、商品自体の魅力を底上げし、売上を軽く3倍にする方法をお話ししましょう。会社HPに代表挨拶が載っていますが、これもちょっと変えるだけで、人材や新規案件が舞い込んでくるようになります。

 

売れる文章術をフル活用し、ステップメールで小さな自動収益システムを完成させる方法
正しい文章は資産になります。ただ書いて終わりじゃなく、書いた文章をカチカチと組み立てて小さな自動収益システムを完成させる方法を伝授します。まずは月収10~20万でも自動で発生すれば、生活にもだいぶ大きなインパクトがあるかなと。もちろん、月収100万を超える方法も話します。実は、ステップメールの真髄をおさえておかない限り、いくら数を増やしてもムダだということを知っていますか?(経験あり…)

 

※上記はあくまで「予定」です。

実際のコンテンツは上記と多少ズレる可能性もございます。

ご了承ください。

 

という感じで、10時間以上の限定動画を

会員サイトに埋め込んでいます。

 

隙間時間でも寝る前でもいいので、

好きなときに視聴してライバルの10倍のスピードで

レベルアップしてください。

 

僕が10年間、

文章と向き合ってきた中で

得た知見やノウハウや情熱など、

 

一気に流れ込んでくるかなと思います。

 

文章を書くという視点が手に入ると、

日常生活のすべてが学びになります。

 

なんというか、ただ生きてるだけでも

全部が教科書になるし、ワクワクが止まらないんです。

 

家族との会話、恋人との会話、友人との会話、初対面の人との会話、身の回りの広告、

コンビニの商品、

 

など、そのすべてが学びの対象となり、

学んだことを文章に落とし込むだけで

収入が倍々に増えていきます。

 

そして、文章術を会話の中で使うこともできます。

 

嫌いなあの人や苦手なあの人を

思いのままに動かしたり、

遠くに追いやったり、

 

そんな悪魔的なこともできてしまうのです。

 

僕は本物の文章術と出会ってから、

 

過去の傷や痛み、

失敗すらも怖くない状態になりました。

 

そういう経験をすれば経験するほど

文章化(資産化)することができ、

唯一無二の価値になります。

 

例えば以前、個人的な失恋の話や

過去のいじめの話を文章にして書き残したのですが、

 

それを見て感動してくれる人がいて、

「あなたのコンサルを受けたい。

いくらですか?100万以上でも払います」

 

といった連絡が来ました。

 

オープンには募集してなかったので_断りましたが、

これってすごい現象だと思いませんか?

 

ただ、決まった型通りに

個人的な文章を紡いでるだけなのに、

それが価値提供になる世界。

 

だから、文章術とシナリオの組み方を

マスターした世界では、

 

「人生経験を彩り豊かにし、得たものを書き残すこと」

 

だけで数百万、数千万という大金が動きます。

 

だから、全部が楽しい。

 

「生きるって、楽しいな」という自分に生まれ変わることができる。

 

僕だって、昔はひどいことばかりでしたよ。

人から殴られない日があるだけで逆に不安になるといった

常識じゃ考えられないような環境で育ってきました。

 

絶望も、ありましたよ。もう何度も何度も。

 

でも今は、文章を学んだことで全てが資産になることが完璧にわかり、

ようやく、自分の生きてきた道を、愛せるようになったんです。

 

過去の呪縛から解放された感覚がしました。お陰さまで、今は、生きてることが楽しい。

 

これからどんなことが起きようと、僕は僕を好きでいれると思うのです。本当に。

 

話を戻しますが、

 

「これまで生きてきた道のり」

までも肯定してくれる文章術を

学ぶ人と学ばない人では、

 

そりゃ1年後、かなり大きな差が生まれてきます。

 

一生モノの文章術を一度でも学んだ人は、

常に脳みそにレバレッジがかかっている状態です。

 

世界の見え方が変わるし、

ネタもアイデアも無限に出てくるでしょう。

 

いまの文章力、知識は一切関係ありません。

 

僕自身、

エリートである弟との偏差値の差は「20」もありました。

 

それでも、こうやって書けてる。

書きたいことが、言葉が溢れてきます。

 

この状態になると、

あれも書きたい、これも書きたいという発想になり、

書くのが楽しくてたまらなくなります。

 

もうね、文章を使って資産をつくるなんて

あっという間。生まれ変わった自分を楽しんでほしい。

 

今回は文章術だけじゃなく

売れるシナリオの組み方までかなり詳しく見ていくので、

実際に小さな資産でいいから作ってみることをおすすめします。

 

わからない点があれば、

すぐに会員サイトに戻って動画を確認→実践。

 

この繰り返しで売れるプロモーションが完成します。

 

ひとつでも売れる流れが完成したら、

あとはそれを垂直展開する方法や、横展開する方法、

完全自動化する方法まで企画のなかで話しています。

 

月に10万が発生する仕組みが1つできあがったら、

それを20万、50万、100万、300万、500万と

ステップバイステップで拡大する絶対的な方法があるのです。

 

飽和することもないし、ライバルに倒されることもない。

安定感抜群の資産をつくっていきましょう。

 

で、何よりの収穫になると思うのが、

「あ、こうやったら売れるのね」

という感覚が染み付くことです。

 

スラスラと文章を書き、

一度でも売れる感覚がわかった人は、

 

もう一生、売る力は下がりません。

 

何度でも使うことができるし、

食いっぱぐれる心配もなくなるのです。

 

僕としては、この商品を売るスキル・感覚を習得してもらうのが

真の目的でもあります。

 

講座は一度参加したら永久に学び続けることができるので、

学習⇄実践のサンドウィッチで

世界に1つだけのオリジナル資産をつくってもらえたら幸いです。

 

と、ここまでが一筆千金のメイン講座です。

 

さらに成功を加速させるために、

以下の裏特典を用意しました。

 

裏特典A:一筆千金プレミアムメール合宿

(30日間のメール講座)

 

今回、メイン講座に加えて、

30日間のプレミアムメール合宿を用意しました。

 

文章は、それ単体を学んだところで

面白い文章が書けるわけじゃありません。

 

大切なのは、「どんな視点で、どんな内容を書くか?」

です。

 

この書く内容が、

コンテンツの質に大きく影響します。

 

例えば、本を500冊読んだ人と

1冊しか読んだことがない人の文章は、

 

たとえ同じ表現をしたとしても

響き方がまったく違います。

 

だからといって500冊読めという話ではなく、

大切なのは、

日常からどのように

面白いコンテンツを集められるか?

 

という能力です。

 

やはり、面白い文章が書ければ

成約率は爆発的に上がります。

 

シンプルに読み物として最後まで消化してもらえるし、

面白いという「価値」を提供するからこそ

もっと続きを読みたい!と思われるんですよね。

 

といった背景があるからこそ、

30日間のプレミアムメール合宿を通して、

 

コンテンツのネタを集める方法や物事を見る視点、

また、情報収集先の共有もしたりして、

文章力を根本から飛躍的に上昇させます。

 

そして、メイン講座の内容をもっと深掘りしたり

事例を加えたりして、

 

〝読むだけで自然とコンテンツ力が上がる30日間〟

 

を目指したいと思います。

 

具体的な配信内容としては、

 

・100万超えのシャンパンが売れる理由

・神社のお賽銭が最強のビジネスモデルである理由

・これからの時代、儲かるビジネスと儲からないビジネス

・28年間で2200億円以上も売った、アメリカ発セールスレターの構造分解

・文章を使った良いセールスと、恨みを買うセールスの違い

・文章力を引き上げる、思考の使い方

 

などなど、

さまざまな切り口で配信していきます。

 

30日間のプレミアムメール合宿と書いていますが、

実際は書きたいことがたくさんあるので

もう少し長くなるかもしれません。

 

メイン講座を凌駕するほどの

濃厚な情報を詰め込んでいくので、

 

知識・思考も鍛えられるかなと思います。

 

そして思考力が高まると、文章力も比例して高くなっていきます。

 

気づいたらトークスキルも上がっているでしょう。

優秀なセールスコピーライターは、トークも上手いし、対面営業も得意です。

 

上限突破した思考力と言葉の力があれば、

なにも不思議なことではありません。

 

メイン講座と合わせて消化してもらって、

短期間で一気にレベルアップしていけるような設計にしています。

 

裏特典B:15個のプロモーション事例を完全公開

 

僕がこれまで打ってきた

プロモーションの事例を15個紹介します。

 

初心者時代、中級者時代、上級者時代と分けて

それぞれ公開。

 

販売までのシナリオを

丸裸にしていきます。

 

初心者時代

◆10,000円の商品を100本売った事例

◆50,000円、100,000円の商品を10本前後売った事例(コンサル販売)

 

中級者時代

◆30,000円の商品を13本売った事例

◆50,000円の商品を59本売った事例

◆100,000円の商品を14本売った事例

◆上記商品を完全自動で販売していたシナリオ事例

 

上級者時代

◆50,000円の商品を74本売った事例(成約率32%)

◆100,000円の商品を14本売った事例(成約率16%)

◆200,000円の商品を23本売った事例(成約率13%)

◆1,000,000円超えの商品を売り捌いていた事例

◆上記商品を完全自動で販売しているシナリオ事例

 

◆年間1億ペースで推移してる協業先の販売シナリオ事例①〜④

 

 

などなど、ここでしか見れない昔の事例から

最近のプロモーションの裏側まで

公開します。

 

なぜここまでやるのか?というと、

僕が初心者の頃に喉から手が出るほど欲しい情報だからです。

 

今回の企画は「過去の自分」に届けるイメージでつくっています。

 

初期の頃は、何を書いて、どう組み立てれば成果が出るのか

ぜんぜんわかっていませんでした。

 

それゆえにだいぶ遠回りをしたり、失敗してきました。

 

なので、ぜひ隅々まで見ていただき、

僕と同じような失敗を繰り返さないよう、

ハイスピードで進んでいってほしいのです。

 

ただ、先に謝っておくと、

あまり実績がないときに作った

未熟なシナリオも含まれているので、

 

当時のことを振り返りながら

ダメだった所や反省点なども

共有できればと思います。

 

もちろん、型通りにやれば売れてしまうような、

再現性の高いやり方も話していきます。

 

理論を学ぶだけでも応用は効きますが、

さらにケーススタディとして事例を学ぶことで、

偶然に頼ることなく、意図してプロモーションを成功させることができます。

 

だからメイン講座も本気で作り込みますが、

この特典からが本番というか、

「え、これ特典なの?メインじゃなくて?」

とキョトンした顔で聞きたくなるレベルの

価値を詰めていきます。

 

理論と実践の挟み撃ちで、

僕と同等レベルか、もしくはそれ以上のシナリオを

息を吸って吐くかのような気軽さで

組み立てていけるように教えていきます。

 

裏特典C:コンテンツ使用権の付与

 

これは完全初の試みだし、

今後の企画でも一切やらないつもりです。

 

また、参加者が想定より増えてきた場合や

僕にとって不都合な状況になってきた場合は

この特典は予告なく削除するので、

 

あらかじめご了承ください。

 

この裏特典はなにか?というと、

 

過去に僕がつくった

ステップメール(自動配信メール)を

100通前後、プレゼントするというものです。

 

さすがにそのまま使うのはNGですが、

「改変した上で使っていい権利」を特別付与します。

 

しかも、ただのステップメールではなく、

「成約率が10%ほど出ていた

商品販売までのシナリオ」です。

 

なぜそんなことをするの?

あなたにメリットはあるの?

と思う人もいるでしょう。

 

まず、実は僕、

過去に年間3000万〜5000万ほどを生み出す

ポテンシャルのあった

大きな仕組みを一度、ぶち壊しています。

 

これ、自分でがんばって建てたお城を

自分の手で破壊してるのと一緒。

 

壊した理由は企画の中で話しますが、

もう表に出してないので、非常にもったいないのですが、

大量のコンテンツをお蔵入りにしたまま今に至ります。

 

(ちなみに、お城を壊したくなる症候群は、

上級者によくある現象らしいです。

僕は300万のコンサルを受けてこの理由と回避策を

知ることができたので、それについても解説します)

 

で、せっかく何万文字、いや何十万文字と書いてきた

コンテンツを無かったことにするのは

なんか残念だなぁとずっと思っていたんです。

 

でも、今はもう別のお城を建てちゃったし、

今さら使う気も起きないというか・・・

 

そんなとき、こんな声を数件、頂きました。

 

「自分でコンテンツをつくっていく自信がない」

 

「LINE@・メルマガで情報発信していきたいけど、

文章力、コンテンツ力で不安」

 

「私なんかが人を動かす文章をマスターできるのでしょうか」

 

「真似できる参考先や型にハメるだけの

テンプレートがあれば…」

 

なるほど、じゃあ、

 

ついに〝アレ〟を公開し、

「改変した上で使っていい権利」を与えたらどうだろうか。

 

初心者の人でも、

安心してビジネスに取り組めるのではないか。

 

しかも、文章の本質をおさえた上で

成約率10%(業界平均1%前後)を出していたのだから、

 

抽象度を変えたり

話の内容を変えるだけで

 

どの市場、どのジャンルでも

応用できるのではないか。

 

と、そんなことを考えたのです。

 

これも、もし僕が初心者〜中級者時代に見ていたら、

 

「え、うそでしょ?

2週間でTTP(徹底的にパクる)して資産をつくろう」

 

と即断し、

あっという間に最低でも月30万〜の資産を作るでしょう。

 

これ、すごいことです。

最低でも月30万というのは、年間で360万。

 

副業収入としてなら、十分すぎるほどです。

 

もちろん、とんでもないことを言ってるのは自分でもわかっています。

 

過去の文章群は、自分だけの資産ですし、

たぶん、本気を出せば

1週間で当時のお城を完全再現できます。

 

そんで、新しくSNSアカウントをつくって

Botで回すか、クラウドワークスとかで

外注先を探して代わりに運用してもらうか、

 

もしくは広告(Facebook、YouTube)で回せば、

 

あっという間に収益化できるでしょう。

 

もともと原価は0だし、利益率もほぼ100%なので

リスクもほぼないのです。

 

なんでやらないの?おかしくない?

と思うことでしょう。

 

そうです、僕はおかしいのかもしれない。

 

正直、これを書いてる今、「本当に大丈夫かな?」とそわそわしてる自分もいます。

 

でもいま、大きな城から小さな城まで、

あらゆる城を持っているし、

 

もうなんか、

過去の城を復活させてマネタイズする気力が

そこまで起きないのです。

 

それより、困ってる人・悩んでる人に貢献したほうが、

長期的に考えても意味があるかなと思っています。

 

打算的な視点で考えると、

ビジネスは価値を提供したぶんだけ

あとあと自分に返ってくるので、

 

ここで価値提供をし、

そして1人でも稼げる起業家が増えてくれれば、

 

あとあと一緒にビジネスを立ち上げたりして

僕にも大きなリターンが返ってくるかも・・・

 

なんて考えている自分もいます。

 

過去の資産、

ステップメールを

100通前後プレゼントすると書きましたが、

 

僕はいま、文字単価30円とかのレベルで

企業と仕事をしています。

 

仮に1通2000文字だとしましょう。

 

100通あれば、合計20万文字です。

 

20万文字×30円=600万円。

 

600万円。

 

そうです、6,000,000円分の価値を

特典の1つに入れてしまってるわけです。

 

この機会をどう捉えるかはあなた次第ですが、 

僕なら間違いなく疑います。

 

というか僕自身、いま自分の神経を疑っています(笑)

 

繰り返しますが、

完全初の試みだし、

今後の企画でも一切やらないつもりです。

 

また、参加者が想定より増えてきた場合や

僕にとって不都合な状況になってきた場合、

 

もしくは起業仲間とかから

「なにやってるの?その特典はやりすぎだから消したほうがいいよ」

と言われた場合は

予告なく削除するので、

 

あらかじめご了承ください。

 

裏特典D:月額30万で企業コンサルをしてた時に話していた

「コンテンツメイキングセミナー」

 

もちろん僕はあなたに

完全独自の、世界で1つだけの

オリジナルコンテンツをつくってほしいと思ってます。

 

文章術があればコンテンツは無限に作れる。

 

だからぜひ、価値あるコンテンツをつくり、

多くの人に希望と勇気を与えていきながら

ちゃんと収益化もしていってほしいのです。

 

以前、僕の企画に参加してくれた人の例を話します。

 

その人はトランスジェンダー(肉体は女性、心は男性)で、

 

いまはホルモン注射を打ちながら

男性として生きてる方です。

 

僕の企画に参加し、限定動画を何度も視聴してくれて、

それで、情報発信を本格的にスタートしました。

 

トランスジェンダーの苦悩や生き方や希望を発信し、

 

トランスジェンダーとして悩んでいる当事者や、

トランスジェンダーの子供を抱える親御さんに、

 

価値を提供していったのです。

 

そして、有料コンテンツを執筆・販売し、収益化に成功。

 

さらにはKindle作家としてあらゆる書籍を書き、リリース。

 

最近はクラウドファンディングをはじめ、

数日で20万円を集めていました。

 

(目標金額は300万らしいけど、普通に達成すると思います)

 

彼は、自分の言葉で、文書で、想いを綴り、

そしてターゲットに希望や勇気を与えつつ

マネタイズまでしています。

 

そうやって、オリジナルコンテンツで

たくさんの価値を提供し、

「あなたに出会えてよかった」

「あなたのコンテンツを読めてよかった」

という人を増やしていく。

 

こんな素晴らしいこと、あります?

 

作り話だと思われたらイヤなので、

LINE@で僕が送った文章を貼り付けておきますね。

 

なんかもう、ウルウルときてしまったわけです。

 

※ライン@でおれがひかるんさんに送ったスクショを貼る

 

最初は、真似でもいいと思うんです。

 

僕だって、いまだに真似することも多い。

 

スピーディーに成果を出すためには

真似が一番。それは間違いないです。

 

でも、せっかく一生モノの文章術を学ぶのなら、

オリジナルのコンテンツを世に出し、

たくさんの価値を提供しつつ稼いでほしいと思います。

 

しかし、コンテンツと聞いてもまだピンとこない人もいるでしょう。

 

そこで、僕が月額30万で

企業コンサルをしてた時に話していた、

「コンテンツメイキングセミナー」を特典としてプレゼントします。

 

文章術があればコンテンツは無限に作れます。

 

そして、コンテンツには無料コンテンツと有料コンテンツがあり、

有料コンテンツが商品になるのです。

 

ん?どういうこと?と思った人。

 

大丈夫です。ちゃんとセミナーの中で

高校生でも分かるように解説してるので。

 

さらに、僕の協業先、

一児のパパは全くのゼロから

あらゆるコンテンツを生み出し、

いまや毎日のように5万、10万の商品を売っているのですが、

 

彼と「コンテンツ」について語り合った

限定対談動画もプレゼントします。

 

こちらの対談動画だけでも

10万円級の価値があるでしょう。

(低く見積もったとしても)

 

(裏特典E:9月特別特典でコミュニティ招待

 

売500万達成のために。9月特別特典でコミュニティ招待。僕が普段何をしていて何を感じているのか。アウトプット。そのアウトプットに関して質問・相談ok。

2021年年内のみの予定。2021年12月31日で解散する。最後は皆んで集まっても楽しそうですよね。

 

過去やっていたのだが80万の価値。)

 

「一筆千金」

オンラインコース

 

ここまでの内容を〝すべて〟包括したものを

一筆千金・オンラインコースとして

提供させていただきます。

 

限定の会員サイトにコンテンツを埋め込んでいくので、

好きなときに、好きなだけ学んでください。

 

 

 

10時間以上の動画コンテンツ、

30日間の一筆千金プレミアムメール合宿、

15個のプロモーション事例を完全公開、

コンテンツ使用権の付与、

月額30万で企業コンサルをしてた時に話していた

「コンテンツメイキングセミナー」、

 

プラスαで追加コンテンツが受け取れます。

 

これらを生涯の武器にしつつ、

家でキーボードをカタカタ叩くだけで

1日10〜20万を安定的にもたらしてくれる

資産を作ることができます。

 

しかも一度完成すれば

自動でお金・時間が増え続けるので、

 

あとは7ケタ、8ケタ、9ケタと伸ばしていってもいいし、

趣味に打ち込んだり、好きな人と好きな場所で遊んでいてもいい。

 

文章術はあらゆるジャンルで応用が効くので、

ビジネスマンとしては食べるのに困らない、

希少なスキルとなります。

 

加えて、シナリオを組み力、プロモーションを成功させる力、

人を自在に動かす力があれば、

 

これからの時代で

頭ひとつ抜き出ることは間違いないでしょう。

 

今の心配事、

たとえばお金のこととか老後のこととか、

そういったものは一切無縁になります。

 

だって、このスキルさえあれば、

たとえ焼け野原になったとしても、

紙とペンさえあれば翌日から立ち上がれるんですから。

 

これを真の安定と言わずして

何を安定と言えばいいのでしょう?

 

貯金残高なんて、

本当の意味で自分を安心させてくれないし、

それは真の安定ではないのです。

 

僕自身、むかし無意味に貯金をし、

逆に不安定になっていたことがあるので

痛いほどわかります。

 

仮に貯金が3000万あろうとも、心は安定しないのですよ。

(知り合いの経営者の名言)

 

なので、「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」を習得し、

ともにビジネスの世界で無双していきましょう、

という提案をしています。

 

今の状態は関係ありません。国語の偏差値が30でも大丈夫。

 

ステップバイステップで自分のレベルを上げていき、

そして1年後でも2年後でも

ぜひ一緒に協業したいのです。

 

それは僕にとってもかなりメリットのあることなので…

 

さて、ここまで熱く語ってきましたが、

これらの文章術を手に入れるにあたり、

累計1000万は軽く使ってきたし、

大量の書籍、教材、コンサルティングに

投資してきました。

 

人を動かしたり、心を震わせる文章のベースを知ろうと思い、

400冊ほど小説を読んだり、人気作家に会いに行ったり、

自分でも物語を書いたりしてきました。

 

学生時代からの研究を含めると、およそ10年。

 

僕が文章と向き合ってきた時間です。

 

ここまでの内容をもし

大学やビジネススクール(MBAなど)で

学ぼうとした場合、

100万円〜400万円が相場でしょう。

 

例えば早稲田大学・文学部の学費は424万4000円ですが、

それだけの額を払っても、

 

実際に学べるのは小難しい文学や論文の書き方程度であり、

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」については

100%知ることができません。

 

100%、です。

 

さらに、1年ほど前、

実業の人達とたくさん交流していた頃、

 

「うちの会社(不動産)でマーケや文章について

研修やってよ。

 

自社メディアを立ち上げるから

社員に教えてほしいんだよね」

 

と言われ、僕が提示した額は〝3時間で50万円〟でした。

 

そのくらい、価値のある内容なのです。

 

最近は100万〜くらいする高額塾が

流行ったりもしてますが、

そこですら、ちゃんと学べるか不明です。

 

僕自身、ビジネス塾にも参加してきた身だけど、

本当にいい塾は、やっぱり一握り。

 

120万払ってやっと参加できたコミュニティでも、

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

については教えてもらえませんでした。

 

文章は、すべてのベースになるというのに・・・

 

と、それらのスキルが

フルセットで学べる一筆千金ですが、

 

今回は498,000円で案内します。

 

内容も内容だけに

今回は100万円前後で設定してもよかったので、

イメージとしては50%の割引を効かせてる感じです。

 

・・・ただ、今回の企画は過去の自分に届けるかのように

書いてきたのですが、

498,000円だと、ちょっと参加するのに

戸惑ってしまう自分がいるのも事実。

 

僕としても

強い個人がひとりでも増えてくれたら

得をするので、なるべくなら

やる気ある人には一人でも多く参加してほしいのです。

 

とはいえ、メイン講座に加えて

狂ってるほどの豪華特典を揃えている今回、

安売りをして質の悪い人に

参加されるのは素直に困ります。

 

たくさん考えた末、最終的に、

298000にさせていただきます。

 

これなら、昔の悩みまくっていた自分でも参加できる。

参加した瞬間にやる気がブチ上がる値段設定でもあります。

 

498,000円 −29,8000円で、

差額の20万円分は、ぜひ

「経験」や「設備投資代」

に充ててください。

 

普段なら絶対行かない場所に行くのもよし、

高級宿に泊まるもよし、

高性能なキーボードやマウスを買うのもよし。

 

経験は財産です。

 

これからの人生であなたが経験してきたこと全てが

価値になり、財産になり、お金になります。

 

今回、分割にしたら

月1万ちょっとの投資で

参加することができちゃいます。

 

つまり、

文章術で月1万円以上の価値をつくれば回収でき、

しかも文章なので、一生モノ。

 

動画の時代になろうとも、核にあるのは文章、言葉です。

 

早い段階で学んでおいて損はないし、

世界の見え方も変わっていくでしょう。

 

僕はよく、「人生単位の日割り」で考えるようにしてます。

 

例えば最近だと、生涯ガン細胞を殺してくれるらしい

一発200万の注射を打とうと思ってるのですが、

(経験としても面白いかなと笑)

 

早く行動すればするほど、得なのです。

 

残りの人生から日割りで考えたとき、

早ければ早いほど得になる。

 

例え仮に85歳でしぬとして、

50歳の時点で打った場合、

200万÷35年で

年間5万7142円の投資です。

 

しかし、じゃあもし30歳のときに打った場合、

200万÷55年で

年間3万6363円の投資になるのです。

 

そう、「人生単位の日割り」で考えたとき、

すべての購買行動において

早い方がお得なのです。

 

なので、僕は迷ったらすぐ行動するようにしてます。

時間が経てば経つほど、構造的に損をしてしまうので。

 

文章術は、一生モノです。

 

10年後、20年後、30年後でも

無くなることはありません。

 

煽るつもりは一切ないのですが、

迷ってるやる気のある人がチャンスを逃してしまうのは

僕としても本望じゃありません。

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」

は革命的なスキルのため、

このように本気でおすすめしています。

 

繰り返しますが、

よくあるようなライティング講座じゃありません。

 

ゼロからお金と時間を生み出し、

人生を豊かにしてくれる本物の文章術です。

 

これからビジネスに挑戦していく人、

すでに取り組んでいるものの

限界を感じてる人、

 

「一筆千金」がブレイクスルーになることでしょう。

 

そして近いうちに成功してもらって、

一緒にビジネスをしたり、情報交換したり、

文章を起点に面白いことができれば

僕としても最高に嬉しいです。

 

人生を、未来を、世界を変えていきましょう。

 

どんな人が参加してくれるのか、楽しみに待っています。

 

 

「一筆千金」

オンラインコース

 

◆一筆千金メインコンテンツ(10時間超えの動画コンテンツ)

 

◆一筆千金プレミアムメール合宿(30日間のメール講座)

 

◆15個のプロモーション事例を完全公開

 

◆コンテンツ使用権の付与

 

◆月額30万で企業コンサルをしてた時に話していた

「コンテンツメイキングセミナー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一筆千金」オンラインコース:298000円

 

返品/返金の可否:商品の性質上、不可。

 

決済手段は銀行振込かクレジットカードか選択できます。

 

分割決済の場合:3分割『110,000円×3か月』、6分割『55,000円×6か月』、

 

12分割『27,500円×12か月』、24分割『13,750円×24か月』

 

分割手数料として一律+32,000円を追加で頂いてます。

 

 

 

「一筆千金」はどんな人に必要ですか?

 

いろいろと書きましたが、

本当に自分に必要なのか?

と思ってる人もいるかもしれないので、

 

この企画が必要である可能性が高い人の

条件をまとめました。

 

文章が苦手な人。ぜんぜん書いたことがない人
文章はビジネスをしていく上で絶対に必要になるので、早いうちに学んでおいた方が得です。企画を通して根本からレベルアップし、別人のような良い文章が書けるようになります。最速で上達する方法も解説してるので、スラスラと文章が書けるようになれば、商品もバコバコ売れるし、まさに手に職でしょう。もうこれ1本完結でいいかなと。それくらいに詰め込んでいます。

また、「文章は外注すればいい」という考えもあるかもですが、自分で理解していない状態で的確な指示はできません。そのパターンで悲惨な目にあってる人を何人も見てきました。

 

ゼロ→イチを突破したい人
結局、ゼロイチを突破できない人は「商品力」よりも「売る力」が原因だったりします。一筆千金で学べばいきなりハイレベルな売れるシナリオを組めるようになるので、ぜひあっさりとゼロ→イチを突破してください。そのあとはイチを拡大していくだけ。やはり、自分の力で稼いだ最初の1円は何年経っても思い出すし、嬉しいものです。はじめて売れたときは、世界がまったく変わって見えるようになるでしょう。

 

商品を販売しても、ちょっとしか売れない人
文章術の扱い方と、シナリオの組み方が根本的に間違ってる可能性があります。本来は100本以上売れるものが、1本しか売れないということはよくある現象です。ぜひ売れる文章術を学んでみてください。

 

逆に、何を売ればいいかわからない人
「売れる商品はありますか?」「儲かる商品ってなんでしょうか」と聞かれることがあります。商品の探し方もビジネスの重要な要素です。人の商品をアフィリエイトする方法もあるし、自分で商品をつくるコンテンツビジネスという手法もあります。どちらも解説すると同時に、売れる商品についても切り込んでいきます。

 

月収100万は超えたけど、どこか伸び悩んでる人
これ、結構多いと思う。『とりあえず大台の月収100万は突破したけど、なんか不安だし、来月は分からないし、全然暇じゃないし…』みたいな。実は、月収100万から伸びていかない人には明確な理由があります。かつて僕もハマっていた落とし穴です。例えば「広告」「高単価」「リピーター」の3つ。この3つを理解して攻略するだけですぐに収入は倍になるでしょう。(かつての自分がそうであったように)

 

Zoomセミナーや対面でしか売れない人
これも、かなり相談がきます。コーチ、コンサル系の人が多いですかね。毎月自分のサービスをセールスし続けるって、実際しんどいと思う。しかもそのやり方しか知らないから、同じような手法を生徒にも教えちゃうわけです。暇な金持ちに共通することは、〝文章だけ〟でセールス、納品、アフターフォローまでしています。ビジネスモデルが根本から違うので、ぜひワクワクしながら学んでみてください。(コーチ、コンサル系の人を否定してるわけじゃありません。幅広い選択肢を知ることで、結果的に自分の事業も飛躍すると思うのです)

 

現役営業マン。売りたい商品を持ってる人
これはある意味セールスの企画でもあるので、シンプルに「売る力」が爆伸びします。

人を動かすロジックは文章だろうが営業だろうが完全に同じです。その話もします。

 

主なマネタイズ手段がnoteとオンラインサロンだけの人
非常にもったいない…と思って見ています。初心者ならまだしも、ビジネス歴の長い人でこのパターンを見ると、一体どれだけの機会損失かわかってる?と思ってしまう。例えば某インフルエンサーはnoteだけで収益化していますが、マネタイズの仕組みをちょっと変えるだけで翌月には収入が10倍になるのです。本気で。実際に僕が教えていた子も、少し変えただけで一瞬で月収200万を超えました。ベースの戦略を変えるだけで異常な結果が生まれます。

 

いまの作業で大丈夫かな?と薄々思ってる人
儲かるビジネスの場合、確信を持って取り組むことができます。前に進めば進むほど儲かるので、いちいち後ろを振り返る必要がないのです。もしいま、自分がしてる作業に不安感を覚えていたり、もやもやしてるなら、間違ってる可能性が高い。早急に正しい方法を学び、手遅れになる前に軌道修正をかけたほうがいいかもしれません。

 

人を動かす立場の人、社長、管理職、塾やコミュニティ運営者など
人を動かす文章術は、オフライン、対人関係においても使えます。というのも、結局扱っているのは「言葉」だからです。部下を動かす立場の人、人の上に立つ人はマネジメント精度を上げるためにも〝人を動かす術〟を学んでおくのが先決です。

 

店舗型のオフラインビジネスをやっている人
人を動かす売れる文章術は、看板やチラシや広告にも応用可能です。店舗の魅力度にかかわらず、文章で魅力度を高めることができれば、どんどん来店に繋がります。薬局でうまくいってる事例もあるので共有したいなと。また、店舗×LINE@(メルマガ)の組み合わせで売上も飛躍するので、その効果的な動線の組み方も話しましょう。もし従業員がいるのであれば、この教材を共有して文章を書かせればOKです。(社内で共有する場合は、ご一報ください)

 

Twitter、Instagram、Youtube、ブログ、LINE@、メルマガのいずれかで情報発信をしている人
人を動かす文章術は、ファンの増加に繋がります。書く内容によってはファンが一気に離れることもある中、書けば書くほどファンが増え続け、発信が盛り上げる方法を教えます。文章でファン化と真の影響力をつければ、フォロワー50人でも100万以上稼ぐことができるのです。

 

どれか1つでも当てはまったら、

参加費を悠々と回収できるほどの

インパクトがあるかなと。

 

イメージとしては、あなた自身をひとつの会社だと思って、

「文章で売る力」を導入すると思ってみてください。

 

ある意味、僕が社外コンサルタントとして

研修しまくるイメージを持ってくれたらなと。

 

企業の研修では〝たった1回〟で

30万、50万とするのが当たり前です。

 

今回は企業向けにも提案している「文章で売る力」を

身につけられるようにまとめた企画なので、

ぜひ、自分という会社を一気に成長させるための

投資だと考えるといいです。

 

ほかでは学べない、

売れる文章術の真髄に触れることができるでしょう。

 

よくある質問

 

初心者ですが、参加して大丈夫ですか?

大丈夫ですが、できればそのマインドは

早く変えたほうがいいです。

 

というのも、見習いのシェフがつくった料理を

わざわざ食べたいと思いますか?

・・・どうせなら、プロから食べたいですよね。

 

いつまでも初心者でいるのではなく、

自分のことをプロだと思い、

しっかり価値のある文章(コンテンツ)を届けていきましょう。

 

文章術を学んで初心者マインドから抜け出し、

 

面白い文章を書きまくって

商品が飛ぶように売れるようになった人も

たくさんいますよ。

 

ライバルをごぼう抜きできるこの気持ち良さを

ぜひ体感してください。

 

顔出しは必要ですか?身バレが心配です

顔出しは必要ありません。

 

匿名・非顔出しでも問題なく収益化できます。

 

これは本質ですが、

ターゲットに対して文章でしっかり価値提供ができていれば、

それでOKなのです。

 

逆に、いくらイケメン・美人でも、

本名をまるっと公開していても、

 

文章が退屈だったり、

コンテンツが面白くなかったりしたら

ファンはぜんぜん増えないしお金にも繋がりません。

 

大丈夫ですが、できればそのマインドは

早く変えたほうがいいです。

 

というのも、見習いのシェフがつくった料理を

わざわざ食べたいと思いますか?

・・・どうせなら、プロから食べたいですよね。

 

いつまでも初心者でいるのではなく、

自分のことをプロだと思い、

しっかり価値のある文章(コンテンツ)を届けていきましょう。

 

文章術を学んで初心者マインドから抜け出し、

 

面白い文章を書きまくって

商品が飛ぶように売れるようになった人も

たくさんいますよ。

 

ライバルをごぼう抜きできるこの気持ち良さを

ぜひ体感してください。

作業時間があまり取れません。大丈夫ですか?

まず、いま何にどれだけの時間を使っているか、

棚卸しすることをおすすめします。

 

実は、時間というのは2通りあります。

 

「望んでいることの80%が達成できる20%の時間」

 

と、

 

「望んでいることの20%しか達成できない80%の時間」

 

です。

 

つまり、センターピンをおさえた上で

全体の20%の時間を使って集中するだけで

望んでいることの80%に多大な影響を及ぼすのです。

 

いま、Q&Aの中なのに、

めちゃくちゃ重要なことをポロっと話しています。

 

ちなみに、無思考でせっせと

SNSやブログを更新してるだけであれば、

 

それは間違ってる可能性が高いので

やめたほうが賢明です。

 

あるいは、間違った訓練をしても

文章力は向上しないので気をつけてください。

 

そして企画の中で話してるのは、

いかに小さな労力で売れる仕組みをつくるか?

といった内容です。

 

まずは、文章を使って小さな仕組みから

つくっていきましょう。

 

文章はちゃんと正しい方法で書いていけば

資産として積み上がっていくので、

毎日少しずつでも大丈夫です。ご安心を。

文章力もそうですが、コミュニケーション能力にも自信がありません。大丈夫ですか?

コミュ力に自信がない人ほど

ぜひ手にとってほしいなと思っています。

 

というのも、僕自身、

もともとは極度の人見知り・コミュ障でした。

 

3人以上の場だと、ぜんぜん話せなくなってしまう。

 

初対面の人とは、まともに目すら合わせることができませんでした。

 

でも思うのは、やはり人間として生きてる以上、

コミュニケーションは避けて通れない。

 

PC1台で起業したあとも、

それについては深く考える機会がありました。

 

ビジネスで成功して多大な富を得ても、

人間として全然幸せそうじゃない人もたくさんいるのです。

 

彼らに共通してることは・・・

 

そう、コミュニケーションから逃げまくってきたこと。

 

たしかに、起業してから人間関係も自由になりましたよ。

 

嫌いな人と絡む機会もごっそり減りました。

 

でもやはり、人間社会で生きていく以上、

人との関わりの中で喜びや痛みを感じ、

幸せを噛みしめていくのです。

 

孤独じゃ、幸せになれませんからね。

 

つまり、コミュニケーション能力が大事ってことです。

 

で、文章力が上達すれば、

喋りの力も上達します。

 

逆の相関性もあって

喋りの力を磨くことで

文章力の上昇にもなるのです。

 

僕はトーク力もぜんぜんなかったけど、

文章力を鍛えた結果、

いつの間にかスラスラ喋れるようになり、

コミュニケーション能力が磨かれていました。

 

今では人見知りもほぼ発動しません。

 

僕が教えていた人でも

喋りがド下手だった状態から

一気にコミュ力MAXになったり。

 

これ、まじで人生が変わります。

 

やっぱり自信もつくし、それがオーラとしても出るんでしょうね。

 

この前、まだ2回しか会ったことのない人から

「なんだか堂々としてるし、余裕を感じる」と言われました。

 

僕はただ、思いついた言葉を喋ってるだけなのに。

 

人間、喋りがうまくなると、

同性からも異性からも急に

チヤホヤされるようになります。

 

当たり前ですが、喋りが面白くて

コミュ力もある人の周りに

人は集まってくるのです。

 

面白いことに、今回の文章術を習得すれば

喋りもうまくなるし、コミュ力も上がりますよ。

 

ほんと人生が変わるレベルのインパクトをお約束します。

なにを売ればいいか、イマイチ掴めないのですが…

何を売ればいいか?もしっかり共有します。

 

というか、売れやすい商品や儲かっている商品には

必ず共通点があります。

 

それを探すところからがビジネスです。

 

とりあえず何を売ったらいいか分からないという人は

僕が過去につくってきた商品を真似してもいいと思います。

 

あとは誰かの商品を

アフィリエイトしてもいいし、

 

完全独自で商品を作れれば、

無限に可能性も広がります。

 

文章さえ書ければ、

オリジナル商品の制作なんて

お茶の子さいさいです。

 

アフィリエイターでも役に立ちますか?

役に立ちます。というか全力で勧めます。

 

知らずのうちに売り方をミスり、

信頼残高をゴリゴリに減らしてる

アフィリエイターが多い中、

 

しっかり価値提供しながら

商品を届けていく

「セールスに特化した文章術」を学ぶことで、

 

サイト経由の売上も爆発的に伸びるでしょう。

 

僕のクライアントにもアフィリエイターは多いです。

 

現役東大生アフィリエイターに

売れる文章術を教えたところ、

 

すぐに小さな仕組みをつくり、

そこから商品がポロポロ売れていたのも間近で見ています。

 

文章を学んで、実践し、

売上を何倍にも増やしていけるので、

ぜひアフィリエイターなら中身を見てみてください。

 

サポートはついてますか?絶対に稼げますか?

手取り足取り教えるような

サポートはついていませんが、

特典として、30日間のプレミアムメール合宿がついています。

 

僕の性格上、返信をいただいたメールには必ず目を通し、

質問・相談に対しても普通に回答しています。

 

なので、サポートはついていませんが、

実際のところ、サポートに近い機能があるという感じ。

 

あと、そもそもの話として、

「サポートはついてますか?絶対に稼げますか?」

という質問から、

誰かに依存したいという気持ちが見え隠れてしているので、

 

そういう人は今回の企画を

見送ったほうがいいと思います。

 

やはり、依存するだけの人は

絶対に稼げません。

 

いざとなったら環境や人のせいにして

逃げるパターンが多いのです。

 

一筆千金では、

 

変わりたい人にとってはこれ以上ない環境を提供しているし、

 

まっすぐ行動すれば成功できるのは疑いようもありません。

 

が、自分で行動していかなければ、当然結果は出ませんよね。

 

ダイエットの講座に参加するだけで、

自分で食事制限や運動を一切しなければ、

いつまで経っても痩せることができないのと一緒です。

 

(考えたら当たり前のことですが…)

 

こちらも1つの企業としてサービスを提供してる以上、

お互い気持ちよく、長期で付き合っていけたら幸いです。

返金保証はありますか?

返金保証はありません。

 

返金保証をありにしてしまうと、

返金保証狙いで参加する人が出てきてしまい、

そうなると、

最初から本気で参加してくれた人たちに失礼です。

 

それに今回の内容は、

事業を拡大していく上で必要な文章術・セールス術の方法も

含まれます。

 

月額15〜30万といった額で

経営者に対して教えているような

裏側の内容も包括してる以上、

 

あくまで事業者同士の取引だと思って

いただけると幸いです。

 

あと、僕の普段の発信なども踏まえて、

信頼できるよという人だけ

参加をお待ちしておりますね。

 

追加費用などはかかりますか?

追加費用は一切かかりません。

 

「参加者に朗報!今だけ上位コースがあります」

みたいなよくあるオファーも出しません。

 

298000円で

すべてのコンテンツを受け取れます。

 

ーーーーーーーーーーー

◆一筆千金メインコンテンツ(10時間超えの動画コンテンツ)

 

◆一筆千金プレミアムメール合宿(30日間のメール講座)

 

◆15個のプロモーション事例を完全公開

 

◆コンテンツ使用権の付与

 

◆月額30万で企業コンサルをしてた時に話していた

「コンテンツメイキングセミナー」

ーーーーーーーーーーー

 

文章を学べば、

ゼロの状態からいくらでも

価値を生み出せます。

 

隅々まで学びつつ、

人生最大の飛躍をしていきましょう。

 

 

文章に才能は必要なし

 

〝文章を書く〟と聞くと、

才能が必要だと思ってません?

 

断言するけど、文章に才能は必要ありません。

 

ポイントをおさえて、型に沿って書くことで、

「人を動かし、売れる文章」が完成してしまうのです。

 

極論、別に難しい言葉を知らなくても、

教養があまりなくても、

 

人の心を動かすことさえ

できればいいのです。

 

僕が知ってる起業家の1人は、

〝文章のみ〟で日給4000万を稼いでいました。つい最近。

 

正直、誤字脱字だらけだし、

変な論理構成だったんですよね。

 

でも、売れる。売れまくる。

 

人を動かすための

教育要素や心理誘導を

完全にわかっているからです。

 

あとはそれを型に

カチカチッとはめて書いてるだけ。

 

僕自身、もともと文章力なんてなかったし、

弟の偏差値の差は20もあったし、

文章を書く時間があれば

ゲーセンに行こうぜ、みたいな人間でした。

 

そんな状態から、ペン1本で

富を築けるようになったのです。

 

あと、一般的に言われている「才能のある文章」というのは、

日本のトップ小説家たちです。

 

本物の才能を目の前にすると、

自分の無能さに泣きたくなります。

 

「あ、もうこれ、100年あっても勝てないや」

と思うわけです。

 

僕は実際に、角田光代や江國香織といった

文豪を目の前にして思いました。

 

たしかに彼らはストーリーを作るプロだし、

文章力・表現力でいったらマジもんの天才です。

 

もちろん、そういった小説家や、書籍、

自身の創作活動からも学べることはありました。

 

ここ10年間を通して

使えるエッセンスだけを抜き出し、企画内にも反映させてます。

 

ただ、こと「商品を売る」という目的においては、

別にプロの作家を目指す必要は1mmもありません。

 

文豪にはなれなくても、

「人を動かし、売れる文章術」さえ身につければ、

つたない文章であっても

千のお金と時間を生み出すことができるのです。

 

絶望するほどに高度な言い回しや表現、

緻密に練られたストーリーは別に必要ありません。

 

「一筆千金」では、

たとえ高単価商品でも

自在に売れる技術をロジックベースで

とことん解説していますが、

 

同時に、僕がこれまで数十回と検証してきた、

ケーススタディとしてのセールスの事例も入れています。

 

つまり、理論と実践の挟み撃ちで

文章を学んでいこう、という企画なのです。

 

簡単な話が、今回の企画で学んで、

僕がこれまでやってきたプロモーションセールスを

そのまま真似してみてください。

 

端から見ただけじゃ絶対に真似できませんが、

今回の企画では裏側まですべてお見せしています。

 

それ、ライバルが増えるんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

実は飽和しない理由もあるので、

その解説もしようかなと思っています。

 

もし少しでもピンときたら

後悔はさせないのでぜひ手に取ってみてくださいね。

 

度肝を抜くコンテンツを取り揃えて

お待ちしています。

 

ペンは剣よりも強し

激動の時代を文章の力で生き抜く

 

「ペンは剣よりも強し」

という言葉がありますが、

本当にその通りです。

 

人を思いのままに動かすことができる力は、

時に人を殺めてしまうことだってあります。

 

それを十分に理解してるからこそ、

僕は文章に、言葉に責任を持って向き合ってきたし、

どうせなら人を不幸にするのではなく、

幸せにしていけるようにとコントロールしてきました。

 

とても、強力です。

マスターしてしまえば、どの業界に行っても

求められる力です。

 

そして、ビジネスの世界は

すべて「文章」によって作られています。

 

SNSも、動画も、ブログも、LINE@も、メルマガも

すべての情報は文章がベースにあって作られています。

 

いや、ビジネスシーンだけじゃなく、

この世界も「文章」によって成り立っています。

 

いま、身の回りを見渡してみてください。

 

いたるところに文章が介在してると思います。

 

あなたは文章を使って

誰かにメールを送ったり、誰かに指示をしたり、

気になる人や好きな人にLINEを送ったりします。

 

10年前も、10年後も、文章は消えないのです。

いくら時代が進もうとも、我々が人間である限り、

文章、言葉を通してコミュニケーションをとります。

 

つまり、文章を学ぶということは、

ビジネスシーンにおいて無敵になると同時に、

 

この世界でもバリバリに通用するということです。

 

具体的にいうと、誰かにメールやLINEを送る際も

反応率の高い文章が書けるようになったり、

 

ぜんぜん言うことを聞いてくれない人を

思いのままに動かせるようになったり、

 

そういう変化があります。

 

これは言うか迷ったのですが、

予約半年待ちの とあるサービス提供者に対し、

 

その人の心をグッと刺激し、

自分を優遇してもらうような長文メールを送信し、

 

結果、ほんとに優遇してもらい、

1人の命を救ってしまっことがあります。

 

これがもし、

 

「急ぎなんです!どうにかお願いします。返信ください」

 

みたいな自己中寄りのメッセージを送っていたら、

きっと返信すら来なかったと思います。

 

こんな感じで、知らぬうちに得をしたり、

優遇されたりする。

 

人を動かす文章術、売れる文章術ってすごいんです。

 

同時に、僕は文章、言葉の限界を愛しています。

 

これは唯一、文章の欠陥部分かもしれない。

 

例えば適切なシーンで適切な相手に向かって

 

「ただただ、愛してるよ」

 

と一言、伝えるとします。

 

でも、場合によっては、

あえて言語化せず、それを放棄し、

ただただ抱きしめた方が深い想いまで

伝わるときもある。

 

僕は無敵の文章術を手にしながら、

こういう、文章、言葉の限界を愛しています。

 

すみません。

 

ちょっと話が逸れそうなので

戻しますが、

 

とにかくあまりにも強力な技術なので、

悪用厳禁でお願いしますね。

 

あくまで「いい商品」だけを広めるようにしていきましょう。

 

「ペンは剣よりも強し」という言葉の通り、

人を思いのままに動かすこともできれば、

時に人を殺めてしまうこともできるのです。

 

いい方向に、この武器を使っていきましょう。

 

僕はそれを徹底した結果、

たった1〜2年でお金・時間を手にできたし、

 

なにより、文章を通して

人生が180度変わりました。

 

過去を受け入れられるようになり、

傷や痛みを抱きしめられるようになり、

これらの人生で起こりうることも

すべてに対してワクワクが止まりません。

 

周りの人も、協業先も、お客さんも

みんながみんな喜んでくれる。

 

自分の文章を通して、

多くの人の生き方にプラスの影響を与え、

幸福に貢献してる実感があるのです。

 

それが、すごく幸せ。

 

よく、ありがとうって言われるけど、

こちらこそありがとうと言いたい。

 

実は救われているのはいつもこっち側だったりするんです。

 

そして、この尊い技術は、

何度でも何十回でも

再現することができます。

 

これからの時代は、

あらゆるニーズが細分化されてきます。

 

情報発信ビジネスだけじゃなく、例えば、

 

恋活、婚活、終活、ダイエット、ヨガ、筋トレ、料理、健康、サプリメント、占い、自己啓発、

株、FX、アフィリエイト、プログラミング、インスタグラマー、イベント、セミナー、

英語、音楽、読書、漫画、アダルト、LGBT、哲学

 

etc…

 

などなど、ビジネスチャンスが無限にあるのです。

 

売れる文章術というのは、どの業界にいっても発揮します。

 

お金が移動する際、必ずセールスが介在するからです。

 

最後に。いま、激動の時代と言われています。

 

この流れはこれからも加速するでしょう。

 

従来の常識が破壊され、

国も社会も勤め先も

100%は信用できなくなりました。

 

むかしは、いい大学に入り、

いい会社にも入り、

それで65歳まで働き、

老後は年金をたっぷりもらって過ごすことが正義でした。

 

でも今は、そうじゃない。

 

「働き方」もどんどん変わってきてます。

 

それに、コロナウイルスを機に

世界中がパニックに陥りましたが、

 

未来予測的中率が高めの僕から

言わせてもらうと、

 

おそらく、ウイルス系かは分からないけど、

 

また同じような事件が

一定のスパンで起こると見込んでいます。

 

それは地震などの大災害かもしれないし、

物理的な戦争かもしれないし。

 

もう、わかってると思いますが、

自分の身を守れるのは自分しかありません。

 

ペンは剣よりも強し。

 

激動の時代を文章の力で生き抜く。

 

「千のお金と時間を生む、人を動かす文章術」は

〝もしも〟の時の保険にもなることを

覚えておいてください。

 

僕はこれからも情報に投資をし続けるし、

さらにスキルを磨いていきます。

 

それはもっと上を目指してるからでもあり、

保険でもあるのです。

 

企画に参加する・しないは自由ですが、

少なくとも、本物の文章術は

いつでも自分を守ってくれる

武器にも盾にもなるということは

知っておいてほしいなと思います。

 

長くなりましたが、

どんな人が参加してくれるのか

かなり楽しみに待っています。

 

ちょっと今回は、書きすぎちゃいましたね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

                           

終了まであと ◯秒←カウントダインタイマー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一筆千金」オンラインコース:298000円

 

返品/返金の可否:商品の性質上、不可。

 

決済手段は銀行振込かクレジットカードか選択できます。

 

分割決済の場合:3分割『110,000円×3か月』、6分割『55,000円×6か月』、

 

12分割『27,500円×12か月』、24分割『13,750円×24か月』

 

分割手数料として一律+32,000円を追加で頂いてます。

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 一筆千金 All Rights Reserved.